京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都 紅葉100シリーズ 善峯寺

f:id:ta0725:20200918090650j:plain


善峯寺(よしみねでら)は、京都府京都市西京区にある寺院。

山号は西山。

西国三十三箇所第20番札所。

善峰観音宗天台宗系単立)。

 

f:id:ta0725:20200918090704j:plain

桜や紅葉の名所になっているとともに境内各所から京都市街、比叡山を一望できる。

深紅、朱、黄、オレンジ色…。

境内だけでなく向かいの山もさまざまな種類のモミジが染め上げる。

本堂前、阿弥陀堂への石段、本坊の庭と、歩きめぐるほどに鮮やかな紅葉が目の上にも広がる。

山は、十一世紀の前半に源算上人がこの地に小堂を建て、自作の十一面千手観音をまつられたのに始まります。

f:id:ta0725:20200918090725j:plain


観音信仰の高まりとともに早くからその霊場として栄え、創建まもない長元七年(1034)に後一条天皇 から「良峯寺」の寺号と聖詠をたまわって以来、歴代天皇の崇敬あつく、中世 には「西山宮」と称する門跡寺院となり、五十あまりもの堂塔を有する大寺院となりました。

しかし、応仁の乱(1467~77)の際に兵火を受けて焼け、現在の諸堂の多くは、江戸時代に徳川五代将 軍綱吉の母である桂昌院の援助によって再建されたものです。

元和七年(1621)再建の多宝塔は、現存最古のもので、重要文化財に指定されています。

文化財としては鎌倉時代の画で大元帥明王軸がありますが、これも重要文化財に指定されています。

京都府指定の文化財としては「善峯寺曼荼羅二幅」があります。

f:id:ta0725:20200918090800j:plain


また、多宝塔の前にある樹齢六百年の五葉松は 「遊龍の松」の名で呼ばれ、国の天然記念物に指定されています。

寺伝によりますと、開基である源算上人は現在の鳥取県に生まれ、正暦二年(991)九歳の時、 比叡山 首楞厳院(しゅりょうごんいん)の恵心僧都 源信(えしんそうず げんしん)のところに徒弟に入り、 十三歳の長徳元年に剃髪受戒されました。

師と仰がれた源信は、九歳で比叡山に上り良源(元三大師)に師事、貴族化した天台教団を嫌い、 横川(よかわ)に隠棲し、『往生要集』を著わし、末法思想が普遍化している中で、念仏による浄土教の発展に大 きな影響を与えた僧であります。
 
つまり、阿弥陀仏を念じることにより、来生を西方極楽浄土に往生しようとする思想がこれで、仏教典中の歴史観で ある末法思想が台頭し、社会不安に人々がおののいていた時期であっただけに、この思想は世の注目を洛び、 『往生要集』は中国にも輸出され、中国人に大き な影響を与えたのであります。

末法思想というのは、釈迦の入滅後、
 
●    正法(しょうぼう)、

●    像法(ぞうほう)、

●    末法(まっぽう)


三時期 がやってくるという考え方で、末法の世は仏の教えは残るが、行(仏の実践)や証(仏の証)は残らないとし、 日本では永承七年(1052)から末法の世に入るといわれていました。

永承七年が近づくにつれ、全国的に造寺・ 造仏が行われ、人々は死後の極楽往生を願い、宇治の平等院、平泉中尊寺、豊後富貴寺の阿弥陀堂などが相次 いで建立されています。

f:id:ta0725:20200918090813j:plain


当時の社会では戦乱や災害で社会不安におののく人々が現世否定のこの思想を深く信仰し、後の鎌倉新仏教発生の有力要因の一つになるのです。

源算上人が剃髪したのは、『往生要集』が世に出た寛和元年より十年後のことで、源算は当然のこと ながら、師と仰ぐ源信の思想をバックボーンにしたに違いありません。

そして、浄土は西方にあると する思想から、比叡山の西の連山、つまり西山地方がそれにあたると考え、長元二年(1029)後一条天皇在世 の47歳の時、この地に法華院と号する小堂を建てるのです。

山は険しく、建立は困難を極めましたが・・・・・。

f:id:ta0725:20200918090832j:plain


ある夜、上人の夢枕に一人の老翁があらわれ、「カを貸してあげよう」とのお告げ、 次の夜、野猪の大群が、一夜にして牙で大岩をうがち、地ならしをしてくれたそうです。

そのおかげで、この山中に伽藍を建立することができたと伝えられています。

そして国の鎮護を念じていたところ、五年後の長元七年九月二日、天皇より「良峯寺」の号を賜り ます。

さらに八年後には、東山の鷲尾寺の本尊であった千手観音像(安居院仁弘法師作)を当寺に移 して本尊とするようにとの後朱雀天皇の綸旨があり、千手堂を建てて像を安置しています。

天書元年(1053)後冷泉天皇の時、皇太子尊仁親王(のちの後三条天皇)の后、藤原茂子が懐妊、 難産であったので、当寺で祈頑したところ、皇太子(貞仁親王、のちの白河天皇)が誕生しまし た。

このことから、尊仁親王が後になって報恩のため、本堂、阿弥陀堂、薬師堂、地蔵堂、三重塔、 鐘楼、仁王門、および鎮守七社を建立したと伝えられます。

f:id:ta0725:20200918090845j:plain


しかし、その前の前九年、後三年の役、さらにその後の源平の戦や大寺院の僧兵の暴挙などが相次 ぐ平安期末は世相が大いに乱れ、これにともなって京都周辺の各寺院は衰微に向かい、当寺もその例 外ではありませんでした。

そんな中の安元元年(1175)、法然上人が浄土教を開きます。

後年、この年を鎌倉新仏教の起こりと していますが、その翌安元二年、観性(かんせい)上人が当寺境内の蓮華寿院の傍らに法華堂を建て、 一夏九十日間、妙経を読誦されるのです。

f:id:ta0725:20200918090900j:plain


観性上人は葉室(はむろ)中納言顕隆の孫、顕能の子で、 天台座主をつとめた権僧正顕真の弟という名門の出で、観性法橋(ほうきょう)と呼ばれていました。

ついで、観性上人に親しい天台座主であった慈円和尚((慈鎮和尚)」)が、 上人の招きで当山の中尾蓮華寿院に住んで行法をおこなわれます。

その頃、善峯寺は南尾、中尾、北尾の三尾(三つの山の尾根)に分かれ、現今、本堂(観音堂)のあるあたりが南尾法華院、薬師堂のある中尾に蓮華寿院、 北尾には往生院がありました。

f:id:ta0725:20200918090913j:plain


慈円和尚は関白藤原忠通の子で、十一歳の時、覚快法親王鳥羽天皇 の第七子)のもとで入信、のち法印に叙せられ、名を慈円と改め、のち権僧正、建久三年(1192) に天台座主となり、座主を四度つとめられた名僧です。

慈円和尚は僧として当代の人から崇敬を集めていただけではなく、後鳥羽上皇の信任も厚く、また 歌人としても特に有名でした。

新古今集』には西行に次ぐ九十一首の歌が採択されており、自身も多 くの歌集を出しておられます。

そのほか、史書の『愚管抄』は神武天皇から仲恭天皇までの歴史を記 しており、歴史文献として高い評価を得ているものです。

観性上人が当寺に住されたことをきっかけとして、慈円和尚がこの寺に住されたわけですが、さら に慈円和尚を慕って証空上人善慧(ぜんえ)が蓮華寿院に入られ、また承久三年(1221)後鳥羽上皇による 承久の変後は、難を逃れて西山宮道覚法親王後鳥羽上皇の皇子)が証空上人のもとを訪れることになります。

f:id:ta0725:20200918090928j:plain


これらの人々の入山が、当山の寺格を今日のように高めてきたのです。

証空上人は、やがて蓮華寿院を道覚法親王に譲って自分は北尾往生院に退き、のち浄土宗西山派の 祖となられます。

蓮華寿院ではその後、青蓮院宮慈道法親王亀山天皇皇子)、大乗院宮尊円法親王(伏 見天皇皇子)、青龍院宮尊道法親王後伏見天皇皇子)など、青蓮院関係の法親王が、晩年をここで送 られ、青蓮院の隠居所のようになり、御所屋敷とも呼ばれました。

法親王中、特に尊円法親王は書道「青蓮院流」の祖で、『門葉記』の著者としても有名であります。

鎌倉時代の初めから室町時代にかけて、各法親王が在住されたことにより、善峯寺は中央とのつながりを ずっと強く持ちつづけるわけですが、その遠因はやはり、観性上人の在住が大きかったというべきでしょう。

f:id:ta0725:20200918090941j:plain


吾妻鏡』によりますと、源頼朝鶴岡八幡宮に大塔を建立し、供養の導師を天台座主全玄に依頼し ましたが、全玄座主は導師としては善峯寺の観性法橋が適任だと辞退されたので、観性法橋が導師と決まり、平氏が滅んだ文治五年(1185)鎌倉に赴き、厳粛に法要をなし、供養されたと述べられ ています。

この後、頼朝は観性上人の宿舎に赴き、法要のことを聞くのですが、その応答が懸河(けんが)の如 く堂々としていたため、頼朝は上人を深く崇敬するようになります。

そして、二十八部衆金剛力士な どを善峯寺に安置してほしいという上人の要請にこたえて、頼朝は南都(奈良)の運慶仏師にこれを 作らせ、善峯寺に寄進するのです。

慈円和尚も頼朝と親交があり、建久三年(一一九二)、頼朝が征夷大将軍になった年に、和尚は天台座主に就任、鳥羽上皇より慈円のために「良峯寺」を「善峯寺」と改め、自筆の寺額を下賜され、官寺に列せられます。

さらに頼朝より、越前国藤島庄を寺領にもらうなど、朝廷・幕府双方から庇護を 得ることになるのです。

このように朝廷・幕府の庇護により五十二僧坊を数えるはどとなった善峯寺も、応仁の乱が始まる とその兵火にかかり、焦土と化してしまうのですが。

衰微したこの寺を次々に再建し、今日の姿に復興されたのは、ひとえに徳川五代将軍綱吉の母、桂昌院の寄進によるものでした。

桂昌院二条家に仕えた本庄宗正の娘であるとされていますが、本当は京都の八百屋仁右衛門の娘で、 その名をお玉といいました。

f:id:ta0725:20200918090959j:plain


幼いころ両親に連れられて、何回か善峯寺にお参りされたらしく、桂昌院の献歌に、次のように申されています。

たらちをの 願いをこめし 寺なれば われも忘れじ 南無薬師仏 成長して三代将軍家光の側妾お万の方の侍女となり江戸へ下ったお玉は、秋野と名を変えて大奥で 働くようになりますが、やがて家光の寵愛を受けて徳松を安産します。

家光の没後は黒髪を落として桂昌院となり、その子、徳松は舘林に封ぜられて綱吉となるのです。

四代将軍家綱には子供がなかったため、その没後、綱吉が五代将軍となり、桂昌院は将軍の御母堂 として江戸城へ迎えられます。

何不自由のない身分となった桂昌院は、幼いころのゆかりの善峯寺のため、特に心をひかれたので しょうか、住職の願いは次々と実現し、それらは建築として、また仏像、宝物として今に伝わってい るのです。

桂昌院は宝永二年(1705) 七十九歳で亡くなりますが、当寺ではその恩に報いるため に遺髪を境内に納め、桂昌院廟としておまつりしています。

源算上人 1692(元禄5)年建立 源算上人最晩年、117歳の像をまつります。

源算上人は月足らずで出世 したため、捨て子となりましたが、三日経っても生を保っていたため)、拾われ、里子と して育ったとのことです。

成長して出家し、比叡山にて、源信(恵心憎都『往生要集』著者)を師とし、修行に励みました。

この良峰に庵を結んだのは47歳。

それよリ40年近く たった1068(治暦4)年、大干ばつのおり、上人の祈祷と、本尊千手観音の霊験もあらた かに、慈雨が降りました。

この行いに、賞賛し「良峰」の勅額が授けられたとのことです。

堂を結んでよリ70余年の大往生をされた上人に、長寿をご祈念ください。

 

f:id:ta0725:20200918091050j:plain

桂昌院ってどんな人?


五代将軍 綱吉の生母、桂昌院の実像にせまります。


ゆがめられたイメージ

1999年のNHK大河ドラマ元禄繚乱」を皆さんはご覧になられたでしょうか。

こういった、娯楽時代劇に登場する桂昌院は、子の五代将軍徳川綱吉と共に、よろしくないイメージで描かれるようです。

しかし、実際のところ如何なる人物だったのか、ご存知の方は極めて少ないはずです。

彼女の生い立ちや人生を正しく見つめ直し、善峯寺との関わりや、信仰に生きた本当の彼女の姿を浮き彫りにしてみたいと思います。


生い立ち

一六二七年(寛永四年)、京都堀川の八百屋仁右衛門の次女としてお生まれになり、その名をお玉といいました。

父仁右衛門は、二条関白の家司である本庄家と交流ががあり、善峯寺の観音様や薬師様をたいへん信仰され、ひんぱんにお参りされておりました。

仁右衛門が亡くなると、お玉の母は善峯寺の観音様のご縁により約二年半、お玉と共に善峯寺にご奉仕されました。

その後、この頃の淡い経験から善峯寺の薬師如来を想い、「たらちねの 願いをこめし 寺なれば われも忘れじ 南無薬師仏」 と詠んでおられます。

仁右衛門が亡くなると、お玉の母は本庄太郎兵衛宗正のもとへお玉を連れて奉公に出ます。

やがて宗正の後妻となり、本庄宗正がお玉の義理の父となりました。

成長したお玉は徳川家光の愛妾お万の方と二条家につながりがあったため、三代将軍家光の側妾お万の方の侍女となるため江戸へ下りました。


大奥へ

十八歳のお玉は、家光の寵愛を受けて側室に加えられ、お玉の方と呼ばれるようになりました。

二十歳になると、徳松(後の五代将軍綱吉)を安産します。

一六六一年(慶安四年)四月二十日、二六歳の時、家光の死に際し、落飾して(尼となって)桂昌院と称するようになり、綱吉と共に江戸藩邸に住むことになりました。

一六八〇年(延宝八年)八月、桂昌院五四歳の時、我が子綱吉が五代将軍に就任。

江戸城中三之丸に居を移しました。

そのことから三之丸様と呼ばれ、大奥での力は絶大となり、一七〇二年(元緑十五年)三月、七六歳の時、従一位という最高の位階に叙せられることにもなりました。

一七〇六年(宝永二年)六月二十二日、七九歳、江戸城中で亡くなられますが、芝増上寺に葬られ、この善峯寺にも遺髮が納められたのです。


生類憐れみの令 のこと

娯楽時代劇に出てくる、彼女の権力を象徴する最も有名なお話として「生類憐れみの令」があります。

綱吉に嫡子がないのを心配した桂昌院が、僧 隆光の「殺生を禁じて生き物を大切にすれば子が授かる。

との言葉を信じ、綱吉に訴えたことから始まった悪政とされていますが、最近の説では、本来将軍になるはずもない勉学ひとすじの堅物綱吉が、犬猫動物はもとより人まで試し切りの対象となっていた殺伐とした江戸の世相を憂い、儒教の精神で変革しようとしたものであって、平和な社会に変換させた、との再評価もなされているのです。

皆さんが、何れ善峯寺 寺宝館文珠堂で、ご覧になられるであろう桂昌院ゆかりの品々は、善峯寺諸堂とともに、彼女の仏教に対する深く厚い信仰心があったればこそ、拝見することができるのです。

f:id:ta0725:20200918091029j:plain


善峯寺のお守り

災い転じて福と成す

まだ記憶に鮮明な阪神大震災

あの時高架が落ちた阪神高速で、ギリギリのところで停止して、墜落を免れたバスの運転手さんが、ここ善峯寺のお守りを持っていたことで、「落ちない」御守りとしてその後、受験生に人気が広まった。

もともと、長元二年(1029年)の開山というこの寺は、神経痛や腰痛を取ってくれるお寺として有名。

副住職によると、「実際に、あのバスの運転手さんご本人が震災後、お礼にお寺に参られました。」

命をも救ってくれるお守りだけに、ご利益も大きい!?

 

■ 時 間  8:00-17:00(16:30受付終了

■ 料 金  大人500円、高校生300円、小中学生200円

 

■ 交 通 

阪急「長岡天神」駅からタクシー15分

JR「向日町」駅からタクシー20分

阪急バス「善峯寺」下車、徒歩8分

■所在地:京都市西京区大原野小塩1372

■電話:075-331-0020

■ホームページ:http://www.yoshiminedera.com/

 

 

 

 


京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/