京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都ぶらり女の1人旅 小野小町の随心院

f:id:ta0725:20200630181032j:plain


小野小町

花の色は移りにけりな いたづらに

  わが身世にふる ながめせし間に

 

f:id:ta0725:20200630181049j:plain

f:id:ta0725:20200630181102j:plain




一千有余年の時を経て 人々を魅了し続ける 謎の美女 小野小町


西に東山丘陵、東に醍醐山などの山並みを望む山科盆地。

平安時代には貴族たちの遊猟場でした。

その南部に位置する随心院

f:id:ta0725:20200630181127j:plain


平安時代初期、当代一流の歌人で絶世の美女と謳われた小野小町が、晩年を過ごしたと伝わるお寺です。

創建は正暦2(991)年。

仁海(にんがい)僧正を開基とする、真言宗善通寺派大本山です。

往時には壮麗な七堂伽藍を構えましたが、承久の乱応仁の乱など度重なる戦火により諸堂は焼失。

f:id:ta0725:20200630181139j:plain


現在の本堂は慶長4(1599)年の再建で、薬医門や玄関、書院などは江戸時代初期から中期に建立されました。

奥書院を飾る狩野派の襖絵をはじめ、随所に施された絵図が見事。

また、苔に覆われた坪庭や白壁が清々しく、どこか女性的な奥ゆかしさを感じさせます。

f:id:ta0725:20200630181153j:plain

 

f:id:ta0725:20200630181302j:plain


御本尊は、本堂内・須弥壇の中央に安置されている如意輪観音菩薩坐像。

ほかに、重要文化財である定朝作の阿弥陀如来坐像、快慶作の金剛薩たさった)坐像など貴重な諸仏が一堂に並びます。

f:id:ta0725:20200630181317j:plain


『花の色はうつりにけりないたづらにわが身世るながめせしまに』この小倉百人一首の一句を詠んだ小野小町は、生没年も定かではないという謎の女性。

仁寿2(852)年、宮仕えを終えてこの地に退いたのは30歳を過ぎた頃といわれています。

f:id:ta0725:20200630181208j:plain

f:id:ta0725:20200630181217j:plain



有名な「深草少将の百夜通(ももよがよい)」の舞台もここ。

小町を想って毎夜通い続けた少将が、九十九日目の夜にこの世を去ってしまうという伝説です。

境内には、朝夕の化粧に使用したという「化粧の井戸」や千束の文を埋めたと伝わる「文塚」などの遺跡も。

さまざまな伝説を持つ謎多き小町に思いを巡らせながら、散策するのもおすすめです。

f:id:ta0725:20200630181243j:plain


アクセス
  
地下鉄東西線小野駅から徒歩5分


車での御来院

 -京都東ICから10分

 -駐車場有り(無料) 大型駐車可能


拝観料

大人500円、中学生300円。梅園には入園料(大人500円)が別途必要。

3月25日「はねず踊り」:大人1000円、中学生800円


参拝時間

9:00~16:30


お問い合せ:075-571-0025


詳しくは:http://www.zuishinin.or.jp/

 

 

 


京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/