京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都 青モミジの隠れ赤山禅院

f:id:ta0725:20200522090013j:plain


修学院離宮の北隣にあって歩いて行けます。

その中でも今回は「願いを叶えてくれる」と伝えられている「赤山禅院(せきざんぜんいん)」をご紹介します。

f:id:ta0725:20200522090025j:plain

f:id:ta0725:20200522090037j:plain


赤山禅院(せきざんぜんいん)は、平安時代の仁和4年(888年)に、第三世天台座主 円仁の遺命によって創建された、天台宗総本山 延暦寺塔頭のひとつです。

慈覚大師 円仁(794年~864年)は、838年、遣唐使船で唐に渡り、苦労の末に天台教学を納めました。

f:id:ta0725:20200522090104j:plain

その行程を守護した赤山大明神に感謝し、赤山禅院を建立することを誓ったとされます。

日本に戻った円仁は天台密教の基礎を築きましたが、赤山禅院の建立は果たせませんでした。

f:id:ta0725:20200522090118j:plain


その遺命により、第四世天台座主 安慧(あんね)が赤山禅院を創建したと伝えられています。

本尊の赤山大明神は、唐の赤山にあった泰山府君を勧請したものです。

泰山府君は、中国五岳(五名山)の中でも筆頭とされる東岳・泰山(とうがく・たいざん)の神であり、日本では、陰陽道の祖神(おやがみ)になりました。

f:id:ta0725:20200522090131j:plain


赤山禅院は、平安京の東北にあり、表鬼門に当たることから、赤山大明神は、皇城の表鬼門の鎮守としてまつられました。

以来、皇室から信仰され、修学院離宮の造営で知られる後水尾天皇(1596~1680)が離宮行幸された際、社殿の修築と「赤山大明神」の勅額を賜っています。

f:id:ta0725:20200522090145j:plain

f:id:ta0725:20200522090155j:plain

現在も方除けのお寺として、広く信仰を集めている由縁です。

赤山禅院は、古来、「紅葉寺」とも呼ばれてきました。

毎年、境内が紅葉に染まる11月になると、もみじ祭が開かれます。

もみじ祭の期間中(通常は11月1日から30日まで)には、静かな中にも、お茶所などがにぎわいをそえます。

f:id:ta0725:20200522090212j:plain


 


●開門:6時  閉門:18時

●拝観時間  9時~16時半
都七福神の御宝印受付は、9時~16時半)

●料金:無料(自由拝観)


●交通


地下鉄烏丸線 松ヶ崎駅下車、タクシー7分

叡山電車 修学院駅下車 徒歩20分またはタクシー5分


市バス

5、31、65系統 修学院離宮道 下車

北8系統 修学院道 下車 徒歩15分

ぜんそく封じ へちま加持」の日には、臨時ピストン送迎車が運行されます


●駐車場

ありません。

公共交通機関をご利用ください。


●お問い合わせ先

075-701-5181(赤山禅院

詳しくは: http://www.sekizanzenin.com/

 

 

 

 

 

京都の古都なら: http://www.e-kyoto.net/