京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都 青モミジに映える古寺 真如堂

f:id:ta0725:20200502154423j:plain


正式名称 真正極楽寺 (しんしょうごくらくじ)


新緑と紅葉に映える阿弥陀の古寺

f:id:ta0725:20200502154436j:plain

正式には鈴声山真正極楽寺といい、広い境内には八つの塔頭重要文化財の本堂。

三重塔が並ぶ天台宗の古刹。

時代劇に迷い込んだような土塀の道を行くと、門前に着く、大人の風情を感じさせる。

上質の静かさがただよう。

f:id:ta0725:20200502154633j:plain

f:id:ta0725:20200502154643j:plain


山門をはいて右手に三重塔がそびえもみじが影を落としている。

秋は紅葉の真如堂゛のたとえどおりに、深紅に照り映える。

無実の罪科をはらうという殺生石鎌倉地蔵が、物静かにたたずんでいる。

真如堂は984年[永観2]叡山の戒算上人[1053]の開基。

f:id:ta0725:20200502154742j:plain

f:id:ta0725:20200502154751j:plain



本尊の阿弥陀如来立像は、元比叡山常行堂にあったもので、円融天皇女御、東三条院藤原詮子離宮に祀られていた。

阿弥陀如来立像は、慈覚大師円仁が萱の霊木に彫ったもので、大師が「一切衆生を導きなさい、特に、女人を救いなさい」と言うと、3回うなずいたと伝わる。

ゆえに、゛うなづきの阿弥陀゛と呼ばれる。

現代も女性の信仰を集めている。

本堂の裏には薄紫にけむる東山を借景にした枯山水「涅槃の庭」もある。

 

f:id:ta0725:20200502154709j:plain



真如堂宝物虫払い

京のわらべ歌にも歌われている、ああ真如堂飯 黒谷さん「金戒光明寺の事」で ああしんどいな、飯くいたいな意。

f:id:ta0725:20200502154817j:plain


もう一つは ああ真如堂 ここらで一服永観堂 そんなうまいこと南禅寺 で これは洛東の古寺三か寺詠んだもの。

そんなうまいこと、の代わりに、真如堂では、お茶漬けさらさら と詠み、お茶漬け何杯やと解している。

 


プロのカメラマンが注目する程の紅葉の名所。

 

f:id:ta0725:20200502154829j:plain

拝観料 [境内自由]庭園¥500円


アクセス  京都駅

市バス5→真如堂前下車・徒歩10分

料金 大人  500円

  大学生 500円

  高校生 400円

  中学生 300円

  小人  無料

  障害者無料


拝観

開館時間 9:00 - 16:00

見学所要時間 約 40 分

駐車場情報

自家用車5台分 無料

住所

京都市左京区浄土寺真如町82