京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都 石像寺(釘抜地蔵)

桜の開花もうすぐの京都 ぶらり女の一人旅 釘抜地蔵さんへ

f:id:ta0725:20200308080514j:plain

正しくは家隆山光明遍照院(かりゅうざんこうみょうへんしょういん)

石像寺と写し、俗に「釘抜地蔵」ともいう。

弘法大使の開基と伝え、もと真言宗であったが、重源(ちょうげん)上人が中興してから浄土宗となった。

f:id:ta0725:20200308080604j:plain

                                                                                                                     藤原定家のお墓

むかし、歌人藤原定家(ていか)、家隆(いえたか)が住んだところという。  

地蔵堂に安置する石造地蔵菩薩(ぼさつ)立像は弘法大使の作と伝え、もろもろの苦しみを抜き取るという親交から苦抜(くぬき)地蔵といい、それがなまって釘抜地蔵といわれる。

f:id:ta0725:20200308080721j:plain


本堂には行基(ぎょうき)の作と伝える観世音菩薩もあわせてまつっている。  

地蔵堂背後の阿弥陀三尊像(立像一、座像二、重要文化財)は、鎌倉初期の傑作で、中尊の阿弥陀如来像は高さ約一、二メートル、元仁元年(1224)伊勢権守(いせごんのかみ)、佐伯朝臣為家(さえきあそんためいえ)によって彫られ、翌年、開眼(かいげん)供養した銘がある。

境内墓地には藤原定家、家隆の墓と伝えるものや、弘法大使三井(さんせい)の一つという加持水(かじすい)がある。

 

f:id:ta0725:20130310185207j:plain

境内の案内

1000枚もの絵馬が並べられている境内。

f:id:ta0725:20200308081007j:plain


平安時代には歌人である藤原定家・家隆も住んだといわれ、その他にもたくさんの見どころがあります。

f:id:ta0725:20171113123324j:plain

f:id:ta0725:20200308081219j:plain

入口の門をくぐると、大きな釘抜きの像が迎えてくれます。

その奥には絵馬がぎっしりと並べられた本堂があり、本尊の釘抜地蔵が安置されています。

f:id:ta0725:20170811120439j:plain


本堂の裏手には鎌倉時代につくられ、重要文化財に指定されている石像弥陀三尊像もあります。

一つの石から掘り出した石仏としては日本最古のものといわれる美しい石像です。

さらに境内の奥に進むと弘法大師が自ら掘ったといわれる井戸や、平安時代に住んでいたとされる歌人藤原定家・家隆の墓があります。

 

f:id:ta0725:20200308081246j:plain



釘抜地蔵の伝説

釘抜地蔵」のいわれについて、こんな伝説があります。

室町時代の終わり頃、紀ノ国屋道林という商人がいました。

彼は両手に激しい痛みを感じていたが、どんな治療を施しても効き目がありませんでした。

f:id:ta0725:20130310193916j:plain


そこで霊験あらたかな石像寺の地蔵菩薩に7日間の願かけをしたところ、満願の日の夢に地蔵菩薩が現れました。

f:id:ta0725:20171113123325j:plain

f:id:ta0725:20200308081545j:plain

f:id:ta0725:20200308081557j:plain

地蔵菩薩は「お前の苦しみの原因は、前世において人をうらみ、呪いの人形(ひとがた)を作ってその手に八寸釘を打ち込んだことにある」と告げ、呪いの人形から抜き取った八寸釘を道林に示して見せた。

道林が夢から覚めると、両手の痛みはすっかり消えていた。

そして、石像寺に参詣すると、本尊地蔵菩薩の前には血に染まった2本の八寸釘が置かれていたという。

f:id:ta0725:20200308081754j:plain



交通アクセス

JR京都駅より市バス206系統北大路バスターミナル行25分、千本上立売より徒歩すぐ

営業期間営業 : 5時30分~17時

その他 : 年中無休

料金大人 : 入場料無料

その他 : 拝観無料

所在地〒602-8305

京都府京都市上京区千本通上立売上ル花車町503

 

 

 

 

 

京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/