京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都の梅  雲龍院 (泉涌寺塔頭)

f:id:ta0725:20200209080356j:plain


京に咲き始めた梅の花

昭和30年になってから一般開放されるようになった、皇室と大変ゆかりの深い泉涌寺(せんにゅうじ)。

f:id:ta0725:20200209080427j:plain


それよりもさらに山の手にある「雲龍院」は、総本山泉涌寺の別院であり、真言宗泉涌寺派の別格本山として位置付けられています。

本坊南の高所に位置する別院雲龍院は、後光厳院の思召しによって、竹巌聖皐(しょうこう)が開いた寺で、皇子・後円融院はここに如法写経の儀を興そうと寺領を寄せられた。

f:id:ta0725:20200209080440j:plain


また後小松、称光の両天皇もこの寺を崇敬され、四天皇崩御の後は後山に御分骨所が営まれ、北朝歴代の御尊牌が霊明殿に奉安されている。

f:id:ta0725:20200209080742j:plain


本堂(重文)安置の本尊・薬師三尊(藥師・日光・月光)は極めて写実的な鎌倉時代の作、また「走り大黒天」は有名である。

f:id:ta0725:20200209080455j:plain


梅のつぼみも少し膨らみ始めました。

奥のはねず梅はまだ蕾。

f:id:ta0725:20200209080514j:plain

f:id:ta0725:20200209080531j:plain

 

f:id:ta0725:20200209080542j:plain

昨年は 室内墓苑「龍華堂」の前の「摩耶紅梅」も花数が少なかったのですが、今年は沢山のつぼみをつけております。

f:id:ta0725:20200209080608j:plain

白梅は2月ごろ

摩耶紅梅は3月お彼岸ごろが見ごろの予定です。

f:id:ta0725:20200209080625j:plain

本数は多くないが、丸窓の「悟りの窓」越し見る紅梅は風情がある。

立派な枝ぶりの白梅もあり、3月下旬には「はねずの梅」と呼ばれる紅梅と、河津桜の共演も楽しめる。

 

f:id:ta0725:20200209080639j:plain

「迷いの窓」は人生における苦しみを象徴し、「生老病死四苦八苦」を表しているといわれています。

 

f:id:ta0725:20200209080702j:plain

走り大黒天とは

泉涌寺では一年の多幸を願う新春恒例の行事「七福神巡り」、雲龍院ではその七福神の一つで、家に幸福をもたらす「大黒天」が祀られています。

こちらの大黒さんは蓮の上に乗って、大きな袋を背負ってわらじ履き一歩足を踏み出し、今にも走り出しそうな姿をしています。

少しでも早く、衆生(しゅじょう・生命あるものすべて)に手を差し伸べようとする表れでしょう。

(撮影禁止だったので写真はパンフレットより)

 

f:id:ta0725:20200209080719j:plain

f:id:ta0725:20200209080813j:plain

f:id:ta0725:20200209080822j:plain



拝観時間:9時~16時30分

料金:拝観料 200円

アクセス:市バス208「泉涌寺道

問い合わせ:075-541-3916


雲龍http://www.unryuin.jp/

 

 

 

 

 

京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/