京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都 節分 歳事記

毎年2月3日の節分の日には、一年の厄を払うために「豆まき」を行うのが最も一般的ですが、最近は、豆まきと併せて、恵方巻き(太巻き)をその年の恵方(方角)に向いて丸かぶりする風習も全国的に行われるようになりました。

恵方巻き丸かぶりの風習、元々は大阪(関西)が発祥です、令和2年2月3日はこちらを向いて西南西やや右です。

 

f:id:ta0725:20200127094958j:plain

壬生寺

節分祭恒例の大護摩供養、山伏、稚児のお練り供養、厄除け護摩祈祷、星祭と様々な祭事が行われます。

お馴染みの炮烙(ほうらく)には、年齢・性別を書いてお寺に奉納しましょう。

節分前から事務所に準備されていますから早めに書き込むことも出来ます。

このように集まった多くの炮烙は4月の壬生狂言の演目の中で割られ、厄除けになると言われています。

見逃せないのは、2月の節分にも壬生大念仏狂言「節 分」が上演されます。

2・3日の各両日に8回演じられ無料で見せて頂けます。

また、4日にはぜんざいの無料接待があります。


場所:壬生寺(中京区壬生)

期間:2月2日~4日

時間: 壬生狂言:2・3日13時 8回(無料)

料金: ぜんざい:無料

クセス:市バス26「壬生寺道」

お問合せ:075-841-3381

 

f:id:ta0725:20200127095014j:plain

廬山寺

鬼踊り法楽午後には鬼法楽、その前後に鬼の御加持が行われます。

丸々と太った赤鬼、青鬼、黒鬼が法螺と太鼓に合わせ踊る姿は、綿入りの「ちゃんちゃんこ」を着ているようで愛らしく見えます。

護摩の火と、福豆や餅に打たれて退散していく姿はこっけいで寒さも忘れるほどです。

小雨決行。


場所:廬山寺(上京区北之辺町)

期間:2月3日

内容:鬼の御加持(14時、16時)、鬼踊り(15時~)
 
料金:境内無 料、蓬莱豆(400円)

アクセス:市バス17、205「府立医大病院前」

お問合せ:075-231-0355

f:id:ta0725:20200127095029j:plain


吉田神社

節分祭盾と矛を持った方相氏が青・赤・黄の三匹の鬼を追いつめ退散させます。

鬼は2日の追儺式に出没し参拝者の写真に加わるほど親しみのある鬼のようです。

節分祭の最大のイベントは3日の火炉祭(かろさい)です。

直径5メートル高さ7メートルの炉に積み上げられた古いお札に火が点けられ、太い火柱が寒い夜空を焦がします。

くちなし色(オレンジ色)のお守りは節分祭の終日、授与されます(有料)。

追儺式には大変込み合いますから30分前に行って場所取りをして下さい。

場所:吉田神社左京区神楽丘町)

期間:2月2日~4日

時間:追儺式:2日18時 火炉祭:3日11時

※4日は神事のみ。

露店はありません。

料 金:境内無料、お守り(800円~)

アクセス:市バス206「京大正門前」

お問合せ:075‐771-3788

f:id:ta0725:20200127095056j:plain

聖護院

節分会赤、黄、青の鬼が年男の山伏の豆まきによって追い払われ、毎年恒例の「鬼おどり」は逃せません。

また、3日には重要文化財の本尊不動明王(重文)が一般に開帳され、甘酒無料接待があります。

場所:聖護院

期 間:2月2日・3日

時間:追儺式:13時

アクセス:市バス206「熊野神社前」

お問合 せ:075-771-1880

f:id:ta0725:20200127095115j:plain

千本えんま堂

強運節分会こちらの厄除けこんにゃく炊き(350円)は有名で是非とも味わってみて下さい。

3日の夜には「えんま堂念仏狂言」(無料)が奉納され、古式厄除けも同日に行なわれます。

f:id:ta0725:20200127095130j:plain

場所:千本えんま堂

期間:2月2日・4日

料金:こんにゃく炊き:400円

えんま堂念仏狂言(3日):無料

アクセス:市バス206「千本鞍馬口

お問合 せ:075-462-3332

 

f:id:ta0725:20200127095147j:plain

八坂神社

節分祭花街のきれいどころの舞踊奉納と豆まきで、境内はいっそう華やかに賑わいます。


場所:八坂神社

期間:2月2日・3日

時間:舞踊奉納と豆まき:2日13時~先斗町 15時~宮川町、

   3日13時祇園甲部  15時~祇園

今様の奉納:3日 11時

アクセス:市バス206「祇園

お問合せ:075-561-6155

 

f:id:ta0725:20200127095204j:plain

須賀神社

節分祭縁結びの神にちなんで翁と媼姿で豆まきが行われます。

魔除けの獅子授与。

烏帽子水干姿の懸想文(今でいうラブレター)売りが、縁結びの文を授与します(有料)。

f:id:ta0725:20200127095222j:plain

場所:須賀神社・交通神社

期間:2月2日・3日

時間:追儺招福豆まき祭り:2日 15時

アクセス:市バス206「熊野神社前」

お問合せ:075-771-1178

 

f:id:ta0725:20200127095238j:plain


千本釈迦堂

おかめ節分会2日は前夜祭、3日朝から当日祭が行われます。

境内にはおかめ塚があり男女とも紅白のおかめ装束をし、一年の厄除けをします。

福豆や樽酒の接待があります。

場所:千本釈迦堂

期間:2月3日

時間:狂言奉納:15時~

ア クセス:市バス50「上七軒

お問合せ:075-461-5973

 

f:id:ta0725:20200127095252j:plain


法輪寺(達磨寺)

節分会期間中は、10時から2時間おきに住職による「だるま説法」が行われます。

大小様々な厄除け開運のだるまも授与されます(有料)。

また、ハト茶の無料接待があります。(但し4日は午前中のみ)


場所:法輪寺(だるま寺)

期間:2月2日~4日

アクセス:JR山陰線「円町」駅

お 問合せ:075-841-7878

 

f:id:ta0725:20200127095308j:plain


天龍寺

節分、七福神めぐり天龍寺山内渡御不動、御稲荷さんを巡り七福神として福笹が授与されます(2500円)。

境内では、子供書道絵画が展示され、本殿では裏千家のお茶会も催されます。


場所:天龍寺

三秀院、弘源寺、慈済院、松巌寺、永明院、寿寧院、妙智院)

期間:2月3日

ア クセス:市バス28「嵐山天龍寺前」

お問合せ:075-881-1235

 

f:id:ta0725:20200127095321j:plain


伏見稲荷大社

節分祭朝からの祭典の後・11時半・13時の3回の豆まきがあります。


場所:伏見稲荷大社

期 間:2月3日

時間:祭典:9時

豆まき:祭典終了後、11時半、13時、

アクセス:JR奈良線「稲荷」駅、京阪電車伏見稲荷」駅

お問合 せ:075-641-7331

f:id:ta0725:20200127095340j:plain

日向大神宮

節分厄除大祭境内にある天の岩戸を通り抜ける"ぬけ参り"神事で日本でも珍しい神事の一つとされています。

厄除け招福諸願成就祈祷もあります。


場所:日向大神宮

期間:2月3日

時間:ぬけ参り:16時

アクセス:地下鉄東西線「蹴上」駅

お 問合せ:075-761-6639

 

 

f:id:ta0725:20200127095405j:plain


六波羅密寺

節分会大福豆まきが2回にわたり行なわれ、六斎念仏の奉納があります。

昆布茶、清酒の無料接待も受けられます。

f:id:ta0725:20200127095420j:plain

場所:六波羅密寺

期 間:2月3日

時間:昆布茶、清酒の無料接:14時

福豆まき:14時50分、15時半

六斎念仏:15時

アクセス:市バス206「清水道」、「五条坂

お問 合せ:075-561-6980

 

f:id:ta0725:20200127095439j:plain

平安神宮

節分祭平安時代宮中行事をそのまま再現した大儺ノ儀は、当時の衣装装束を忠実に再現しており平安神宮ならではの節分会です。

 

f:id:ta0725:20200127095456j:plain

f:id:ta0725:20200127095511j:plain


場所:平安神宮

期間:2月3日

時間:狂言奉納:12時

節分祭:13時

大儺の儀:14時

福豆撤行事:15時

節分火焚祭:16時

料 金:節分符:500円

(方相氏の面、桃の杖、桃の弓の刷り込まれた特別除災神符)

 福豆:300円    火焚串:300円

ア クセス:市バス5「京都会館美術会館前」

お問合せ:075-761-0221


主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

 

 

 

 


京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/