京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都 紅葉今がみごろ 高台寺

f:id:ta0725:20191011213419j:plain

庭園(史跡・名勝)

小堀遠州作とされ、しだれ桜と萩の名所。

石組みの見事さは桃山時代を代表する庭園として知られる。

 

f:id:ta0725:20191011213523j:plain

f:id:ta0725:20191011213537j:plain

塔頭

圓徳院(えんとくいん)

秀吉の没後に北政所が晩年を過ごした所であり、北政所の終焉の地となった。

長谷川等伯筆 襖絵(重要文化財

もと大徳寺三玄院の襖絵。

廃仏毀釈に際して圓徳院の蔵するところとなる(他に楽家も所蔵)。

桐紋雲母(きらら)刷りの唐紙襖に描かれた非常に珍しいもので、等伯が住職に襖絵製作を申し出ていたが許されなかったので、住職の留守中に一気に描きあげてしまったものだと伝えられる。

 

f:id:ta0725:20191011213601j:plain

 

f:id:ta0725:20191011213615j:plain

f:id:ta0725:20191011213653j:plain

 

f:id:ta0725:20191011213739j:plain

f:id:ta0725:20191011213813j:plain





北庭(名勝)

伏見城北政所化粧御殿の前庭を移築したもので、桃山時代の代表的な庭園である。

 

f:id:ta0725:20191011213707j:plain


少し寄り道

掌(しょう)美術館 -境内から公道を挟んで西側、飲食店の2階に位置する小美術館。

豊臣秀吉北政所肖像画のほか、調度品、絵画、文書など高台寺所蔵の美術品を多数保存、展示する。

台所坂 -ねねの道から高台寺の境内へと続く道で、北政所は秀吉の菩提を弔うためにこの道を往き来したといわれる。

ねねの道 -知恵の道、神幸道と合わせて東山参道(三つの道)と言い、円山公園付近で接続して、それぞれ知恩院、八坂神社へと続く。

 

f:id:ta0725:20191011213444j:plain

f:id:ta0725:20191011213457j:plain


 

アクセス

京阪電車 四条駅下車 徒歩約20分

阪急電車 河原町駅下車 徒歩約20分 

市バス 東山安井下車 徒歩約5分


料金

一般 団体割引


大学生 600円 500円

高校生 250円 250円

中学生 250円 250円

小人  無料 要保護者同伴

30人以上団体割引

障害者無料 *通常拝観時


住所

東山区高台寺下河原町526

電話番号 075-561-9966


拝観・開館時間  9:00 - 17:00

見学所要時間   約 30 分

休日・休館 無休

駐車場情報

バス10台分(隣接駐車場)

自家用車150台分 

拝観された方は1時間無料