京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都 紅葉 今がみごろ 夕霧の清凉寺 NO.30

f:id:ta0725:20191008214511j:plain

京都の紅葉がようやく見頃を迎えました。

心待ちにしていた燃えるような秋の風景にわくわくします。

これから京都へお出かけのみなさん、錦秋の都で素敵な思い出をたくさん作ってくださいね。

f:id:ta0725:20191008214525j:plain

f:id:ta0725:20191008214539j:plain

f:id:ta0725:20191008214551j:plain

f:id:ta0725:20191008214617j:plain

f:id:ta0725:20191008214651j:plain

夕霧(?~1676)は京都島原の遊女。

本名は「てる」といい,この地に生まれ,島原扇屋の遊女となるが,のち遊女屋主人とともに大坂新町の遊郭に移った。

f:id:ta0725:20191008214638j:plain

f:id:ta0725:20191008214713j:plain

f:id:ta0725:20191008214726j:plain

f:id:ta0725:20191008214739j:plain

f:id:ta0725:20191008214751j:plain

夕霧の墓は大阪市天王寺区下寺町の浄国寺にあるが,生家が清涼寺塔頭地蔵院の檀家であったことから,地蔵院墓地にも墓がつくられた。

のち地蔵院は廃寺となり,現在,墓は大覚寺塔頭覚勝院の管理となっている。

f:id:ta0725:20191008214803j:plain

もみじ祭  夕霧供養

音曲、舞踊、茶、花、和歌などあらゆる技芸に通じ、さらにその美貌で人気を集めた江戸初期の島原の遊女、夕霧太夫

f:id:ta0725:20191008214819j:plain

近松門左衛門の「夕霧七年忌」のモデルにもなったほどの名妓と言われています。

夕霧供養では、島原の太夫を招いて本堂で法要を行い、その後太夫は禿(かむろ)を従え墓地まで道中し、花を供えてお参りをします。

また、霊宝館の秋季特別公開も開催されており、国宝の本尊釈迦如来像胎内納品などを見ることができます。

f:id:ta0725:20191008214833j:plain



■アクセス

市バス 嵯峨釈迦堂前(2)、嵯峨小学校前(5)

京都バス 嵯峨釈迦堂前(2)、嵯峨小学校前(5)

■境内無料

■参拝料 
一般400円

高中学生300円

小学生200円(本堂・庭園)

■参拝時間   9:00~16:00 

■所要時間   30分 

■休 み   霊宝館4・5・10・11月のみ公開

■場所:清凉寺右京区嵯峨釈迦堂)