京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都 紅葉100シリーズ 清水寺

f:id:ta0725:20191003102501j:plain

金閣銀閣竜安寺の石庭などと並んで京都の顔とも言える“超”有名寺院です。

一般的な見どころガイドは別の機会に譲り、今回は西郷隆盛との意外な縁など、あまり知られていない清水寺を紹介します。

f:id:ta0725:20191003102715j:plain

f:id:ta0725:20191003102815j:plain

音羽の滝地主神社、胎内巡り、子安塔など見どころの多いお寺ですが、特に本堂(国宝)の優雅な曲線を描く檜皮(ひわだ)葺きの屋根、地上約20mの高さにある清水の舞台の美しさは圧巻です。

紅葉だけでなく桜の名所としてもよく知られ、秋は錦に染まり、春は桜の雲に浮かびます。

f:id:ta0725:20191003102740j:plain

f:id:ta0725:20191003102756j:plain

清水寺塔頭成就院の歴代住職の中に月照・信海兄弟がいます。

2人は若いころの西郷隆盛と共に勤王の活動家でしたが、時は大老井伊直弼による大粛清の時代。

西郷と月照は追われ、行き詰まり、ついには入水自殺を図ります。

月照は入滅、西郷は奇跡的に蘇生するのですが、このとき月照に最後まで付き従った大槻重助、拷問に耐えて月照を守った近藤正慎という2人の従僕がいました。

西郷、月照、信海、従僕2名の碑が、今も北総門のそばに立っています。

f:id:ta0725:20191003102854j:plain

そして大槻重助と、近藤正慎の遺族は、清水寺のはからいで境内に茶店を営業することを許され、それぞれ「忠僕茶屋」「舌切茶屋」として今も営業しています。

ちなみに「舌切茶屋」の名は、拷問を受けた近藤正慎が最後は舌を噛み切って自害したことから。

どちらの茶店も、現在4代目のご主人がその歴史を守っています。

f:id:ta0725:20191003102911j:plain

紅葉の話


古語には「もみづ」という言葉がありました。これは木々が紅葉する様を表す動詞です。

漢字では「紅葉づ」や「黄葉づ」と書きます。

今風に言えば「モミる」でしょうか。

これが転じて、紅葉(黄葉)することや色づいた葉を指す「もみぢ」という名詞が生まれます。

f:id:ta0725:20191003102930j:plain

それがいつしか、紅葉樹の代表選手イロハカエデの別称となり、今では小さな子どもの手を例えて「モミジ」。

本名とあだ名が入れ替わってしまった感がありますが、本来はイチョウもナナカマドもシラカバも、秋になって色づけば皆「モミジ」だったのです。

f:id:ta0725:20191003103005j:plain

f:id:ta0725:20191003103024j:plain

f:id:ta0725:20191003103037j:plain

最後に観光情報です。


清水寺では、錦秋の境内がライトアップされる秋の夜間拝観も人気です。

併せて、月照が住職を務めていた成就院の庭も公開。

「月の庭」とも呼ばれる名庭ですので、紅葉散策の途次に立ち寄ってみてはいかがですか。


アクセス

清水寺 →JR京都駅より市バス206系統「五条坂」下車徒歩15分

 

 

 

 

 


京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/