京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都 紅葉100シリーズ 醍醐寺  [世界文化遺産]

f:id:ta0725:20191003065504j:plain

醍醐寺

一日ゆっくり拝観する上醍醐下醍醐深雪山醍醐寺真言宗

醐寺派総本山

f:id:ta0725:20191003065517j:plain

f:id:ta0725:20191003065529j:plain

醍醐寺は、200万坪にもおよぶ広大な寺城を誇り、醍醐寺山[標高454m]の上と下と堂塔が分かれる。

下醍醐には「国宝」金堂、五重塔が超然として佇み、とくに五重塔は京都の起状に富んだ歴史に残る貴重な建物。

上醍醐「女人堂」から山頂へ至ると、清龍拝殿・薬師堂・開山堂などがあり、[醍醐味]の語源になつた醍醐水,清冽に湧き出ている。

f:id:ta0725:20191003065552j:plain

総門を入ると左側に塔頭三宝院「池泉庭園」は心を和ませるような眺めである。

小野小町ゆかりの随心院は紅梅の寺としても知られる。

勧修寺は庭園が見応えがある。

法界寺[日野薬師]など、伝説や庭園に興味深い古寺がある。

f:id:ta0725:20191003065606j:plain
[醍醐味]


醍醐寺を開いた聖宝が庵を結んだ池に醍醐水が湧き出ている。

甘露な味がするこの霊水は、寺名の由来となった水であり、醍醐味という原点である。

f:id:ta0725:20191003065701j:plain

醍醐寺が開かれたのは平安時代前期、僧聖宝[832~909]が874年[貞観16]に上醍醐如意輪観音像を祀ったと伝わる。

f:id:ta0725:20191003065719j:plain 見る


三宝院から見ていこう(三宝院は撮影禁止)。

総門を入ると桜馬場の左、醍醐寺14世座主勝覚僧正の創建する。

大玄関から進むと、葵の間・秋草の間、勅使の間を過ぎて、表書院に出る寝殿様式を伝える建物、南側の広縁に座して観賞したい。

f:id:ta0725:20191003065815j:plain

池には亀島・鶴島が浮かび気韻のある石が配され、木橋や石橋風雅を誘う。

池の右の中央に藤戸石「千石石」がある。

この石は秀吉が造営した、小滝の水音が清寂の境地へ誘うように耳朶をを打つ。

表書院につづく純浄観はやや高い位置にある。

f:id:ta0725:20191003065835j:plain

秀吉の[醍醐の花見]時に築造されたと言う。

なお、西南の位置には唐門がある。

中央の扉五十七の太閤桐、左右に十二弁の菊花紋が見られる。

三宝院から仁王門へと進むと、下醍醐のエリアになる、金堂・五十塔・大講堂などが立ち並んでいる。

金堂は釈迦堂と呼ばれた時代がたった。

消失した後秀吉が和歌山・湯浅の満願寺本堂わ移築した。

五十塔は951年[天暦5]に完成。

高さは38m。

f:id:ta0725:20191003070014j:plain

応仁の乱の戦火を潜りぬけ京都府下では最古の木造建築である。

女人堂まで来るとこれから登山になる、清龍宮拝殿が迎える。

室町時代の築造である。

すぐ上方に本堂がある。

又、近くに醍醐水が湧き出ている。

こ の霊水の背後に准胝堂がある。

ここから山道わ歩くと薬師堂が現れる。

f:id:ta0725:20191003070030j:plain

創建は907年[延喜7]といわれる。

薬師三尊像が安置されている、さらに東に進むと五大堂、如意輪堂、開山堂がある。

五大堂には五大明王像が祀られている。

通称五大力さんと呼ばれる。

開山堂は、1606年[慶長11]に再建されたもので開山聖宝理源大師が奉納されている。

この辺りから眺望は価値がある。

 

f:id:ta0725:20191003070043j:plain

f:id:ta0725:20191003070056j:plain

 

拝観  境内自由 9:00~16;30

三宝院   600円

[共通券2枚1.000円・3枚1.500円]

 

アクセス

地下鉄東西線醍醐駅から徒歩10分

P 有り  有料

℡ 075-571-0002

 

 

 

 


京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/