京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都 紅葉100シリーズ 錦織りなす紅葉 三千院

f:id:ta0725:20190927071521j:plain

三千院


♪京都 大原 三千院 恋に疲れた女がひとり♪


声明の 山里・大原

 

f:id:ta0725:20190927071533j:plain

天台宗門跡寺院

三千院は、宮門跡寺院になり、はじめは比叡山東塔に開創された。

三千院は高野川上流にあり、妙法院、青蓮院と並ぶ天台宗門跡寺院の一つ。

f:id:ta0725:20190927071603j:plain

延暦年間「782-806」最澄比叡山根本中堂を造営したとき、東塔南谷に小 堂を構えたのが始まり。 

f:id:ta0725:20190927071622j:plain

貞観2「860」年には清和天皇の命によって承雲和尚が伽藍を整備し、比叡山山麓に里坊をもうけた。

f:id:ta0725:20190927071643j:plain

f:id:ta0725:20190927071657j:plain

f:id:ta0725:20190927071716j:plain

応仁の乱後現在地に移った。

のちに往生極楽院を統合して本堂とし、日本における声明の本源である大原魚山の中心的な存在になる。

 

f:id:ta0725:20190927071747j:plain

杉並木に囲まれた境内には、実光院・勝林院・宝泉院があ る。

 

f:id:ta0725:20190927071832j:plain

周辺の見どころ


実光院

天台声明の根本道場として知られる。

実光院の本堂は勝林院。

契心園と旧理覚院庭園の二つの名庭があり、縁側に腰を下ろして、抹茶をいただきながら観賞出来る。

f:id:ta0725:20190927071803j:plain

勝林院

f:id:ta0725:20190927071818j:plain

宝泉院がある。

 

f:id:ta0725:20190927071856j:plain

音無しの滝

来迎院から10分ほど、大原の山奥にある滝、名の由来は、滝壺に落ちる水音が山肌に吸収されるからとも、良忍上人が呪文によって音を消したからとも言われている、多くの僧がこの滝に修行を求めたと言う。

 

11月28日まで   もみじ祭り

毎週「水曜日」9時~不動前で朝市開催 


アクセス

京都駅から京都 17・18→大原から徒歩12分


拝観 

8時30分~16時30分

一般   障害者割引

大人  600円   300円

大学生 600円   300円
 
高校生 300円   150円
 
中学生 300円   150円 

小人  150円   無料 

(障害者は本人無料)

大人のみ30名以上550円


Pあり    有料


詳しくは

℡ 075-744-2531

f:id:ta0725:20190927071917j:plain

f:id:ta0725:20190927071929j:plain

大原は三千院を中心に周辺の古寺、草生の里にある寂光院を合せて半日コース さくらと 紅葉の時期が良い、柴葉漬も味わいたい、大原の帰りに八瀬を探索したい。


愛らしいわらべ地蔵

f:id:ta0725:20190927071947j:plain

f:id:ta0725:20190927071959j:plain

三千院の往生極楽院の前に広がる庭園に、愛らしいわらべ地蔵がおられます。

苔むしたお庭に、寝転んで頬杖をついていたり、肩を並べて寄り添っているお姿。

表情もゆたかで、まるで私たちの様子を楽しんで見ておられるようです。

そのやわらかい笑顔に、ほっこりした気分になりました。

境内のもみじは、まだまだ青葉。

もっと涼しくなって、徐々に紅葉していくのが楽しみですね。

 

f:id:ta0725:20190927072019j:plain

三千院の弁財天


「もういくつ寝るとお正月…」と歌われるように、だんだんと新年が近づいてきました。

お正月の行事の一つとして、七福神めぐりがあります。

三千院には「京の七福神」の弁財天がおられます。

弁財天は七福神の中で唯一、女の神様。

土地に豊穣をもたらす水の神様として、また芸能の神様として信仰されています。

弁財天の近くに池や川があるのは、そのためだそう。

三千院の弁天池では、ゆっくりと鯉が泳いでいましたよ。

新年にゆっくりと七福神めぐりをしてみてはいかがでしょうか。

f:id:ta0725:20190927072042j:plain衆碧園

f:id:ta0725:20190927072053j:plain二十五菩薩石庭付近

紅葉の状況


見頃     11月上旬から下旬

 

 

 

 

 

京都の古都なら:http://www.e-kyoto.net/