京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都 紅葉100シリーズ モミジの永観堂(禅林寺)

f:id:ta0725:20190924160700j:plain

 

おく山の岩がき紅葉散りぬべし、

     照る日の光、見る時なくて

  社魂が浄化される見返り阿弥陀如来

 

f:id:ta0725:20190924160715j:plain

f:id:ta0725:20190924161154j:plain

一般には通称の永観堂(えいかんどう)の名で知られる。

山号を聖衆来迎山(しょうじゅらいごうさん)、院号無量寿院と称する。

本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は、空海の高弟の真紹僧都である。

当寺は紅葉の名所として知られ、古くより「秋はもみじの永観堂」といわれる。

また、京都に3箇所あった勧学院(学問研究所)の一つでもあり、古くから学問(論義)が盛んである。

f:id:ta0725:20190924160728j:plain

f:id:ta0725:20190924160745j:plain

空海弘法大師)の高弟である僧都・真紹が、都における実践道場の建立を志し、五智如来を本尊とする寺院を建立したのが起源である。

真紹は仁寿3年(853年)、歌人文人であった故・藤原関雄の邸宅跡を買い取り、ここを寺院とすることにした。

当時の京都ではみだりに私寺を建立することは禁じられており、10年後の貞観5年(863年)、当時の清和天皇より定額寺としての勅許と「禅林寺」の寺号を賜わって公認の寺院となった。

f:id:ta0725:20190924160757j:plain

f:id:ta0725:20190924160811j:plain

f:id:ta0725:20190924160824j:plain

当初真言宗寺院として出発した禅林寺は、中興の祖とされる7世住持の律師・永観(ようかん、1033年 - 1111年)の頃から浄土教色を強めていく。

永観は文章博士(もんじょうはかせ)源国経の子として生まれ、11歳で禅林寺の深観に弟子入りする。

f:id:ta0725:20190924160838j:plain

当初、南都六宗のうちの三論宗法相宗を学ぶが、やがて熱烈な阿弥陀信者となり、日課一万遍の念仏を欠かさぬようになる。

師深観の跡を受けて禅林寺に入るのは延久4年(1072年)のことである。

永観は人々に念仏を勧め、また、禅林寺内に薬王院を設けて、病人救済などの慈善事業も盛んに行なった。

f:id:ta0725:20190924160854j:plain

f:id:ta0725:20190924160907j:plain

永観は、今日の社会福祉活動の先駆者といえるであろう。

禅林寺永観堂と呼ぶのは、この永観律師が住したことに由来する。

なお、「永観堂」は普通「えいかんどう」と読むが、「永観」という僧の名は「ようかん」と読むのが正しいとされている。

f:id:ta0725:20190924160926j:plain

禅林寺の本尊阿弥陀如来立像は、顔を左(向かって右)に曲げた特異な姿の像である。

この像については次のような伝承がある。

永保2年(1082年)、当時50歳の永観が日課の念仏を唱えつつ、阿弥陀如来の周囲を行道していたところ、阿弥陀如来須弥壇から下り、永観と一緒に行道を始めた。

驚いた永観が歩みを止めると、阿弥陀如来は振り返って一言、「永観遅し」と言ったという。

f:id:ta0725:20190924160954j:plain

f:id:ta0725:20190924161026j:plain

本寺の阿弥陀如来像はそれ以来首の向きが元に戻らず、そのままの姿で安置されているのだという。

f:id:ta0725:20190924161043j:plain

 

f:id:ta0725:20190924161058j:plain

禅林寺12世の僧都・静遍(じょうへん、1166年 - 1224年)は、当初真言宗の僧であったが、後に法然に帰依し、念仏門に入った。

法然の高弟の証空(西山)も、静遍の後を嗣いで当寺に住持したと伝えられている。

證空の門弟の浄音の時代に、禅林寺真言宗から浄土宗西山派(小坂流)の寺院となり、揺るぎのない念仏道場とされた。

 

f:id:ta0725:20190924161120j:plain


アクセス

JR京都駅から市バス5系統で「南禅寺永観堂道」下車、徒歩3分。

JR京都駅から市バス100系統で「東天王町」下車、徒歩8分。

地下鉄烏丸線「京都」から、「烏丸御池」にて地下鉄東西線六地蔵方面行き乗り換え、「蹴上」下車、徒歩15分。

京阪電車「三条」から市バス5系統で「南禅寺永観堂道」下車、徒歩3分。

京阪電車「丸太町」から市バス204、93系統「東天王町」下車、徒歩8分。

 

f:id:ta0725:20190924161223p:plain


  
拝 観 料

寺 宝 展 一  般 小・中・高生

個  人 1,000円 600円

団体(30名様以上) 900円

個  人     600円

中学生以下   400円

拝観時間 午前9時~午後5時

(受付は午後4時で終了)

転倒事故、接触事故防止のため、境内における一脚、三脚の使用は禁止します。

堂内の文化財の撮影は禁止します。

ペット同伴での境内入山は禁止します。

境内での飲食、喫煙は禁止します。

酒気帯びでの入山はお断りすることがあります。


住所

京都市左京区永観堂

詳しくは:http://www.eikando.or.jp/

 

散策

近くには南禅寺・野村美術館・若王子神社

 

 

 

 


京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/