京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都 観月ノススメ 今年(2019年)は、9月13日(金)が「仲秋の名月」です。

f:id:ta0725:20190906163359j:plain

中秋の名月とは?

昔の暦では1~3月を春、4~6月を夏、7月~9月を秋、10~12月を冬としていました。

f:id:ta0725:20190906163416j:plain

中秋というのは読んで字の如く「中」の「秋」、つまり旧暦の八月のことを言います。

月始めを新月として15日目の月、「十五夜」の月が満月となるということ(実際には十五夜新月から数えて14日後の月となるので、必ずしも満月ではありません。)

また中秋の頃が一年の間で一番空気が澄んでいて月がきれいに見えるという理由で、この時期に観月の席を設けることとなったらしいのです。

そもそもの由来は中国に起源があるようで、唐代の文献には観月の行事が確認されています。

f:id:ta0725:20190906163429j:plain

中国では月見団子ではなく、月餅を供えます。

この風習が平安時代頃に日本へ伝わり観月の宴となったのでしょう。

現代とは違い、その頃の娯楽といえば自然の風景も立派な娯楽でした。

当時の貴族たちは月を愛でながら即興で和歌を詠み、その出来栄えを競いながら宴を楽しんだといわれています。

また、日本独自のものとして、旧暦の9月13日を「十三夜」として月を愛でる習慣があります。

普通「十五夜」と「十三夜」はセットで愛でるものとされ、片方だけを観ることを片見月として嫌われていました。

 

f:id:ta0725:20190906163442j:plain

◆京都のお月見情報

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

大覚寺 / 下鴨神社 / 平野神社 / 八坂神社 / 上賀茂神社 / 妙心寺退蔵院 / 萬福寺 /

高台寺 / 長岡天満宮 / 勝竜寺城公園 / 神泉苑 / 松尾大社 / 京都府立植物園 / 吉田山荘 / 智積院 /

無鄰菴 / 

その他の観月イベント(白峯神宮、水景園)

 

◆主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

 

 

 

京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/