京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都 法輪寺 通称達磨寺(だるま寺)

f:id:ta0725:20190825070245j:plain

ここ数日、猛暑。

頭がおかしくなくても、おかしくなるような猛烈の暑さ 京都の暑さは一人前。

 

猛暑が厳しすぎますね、だるま寺と親しまれる法輪寺さんへ到着するやいなや 休憩処 四阿でホッとひと息で生き返る。

法輪寺と言えば、渡月橋から見える多宝塔で有名ですが、こことは違うんです。

f:id:ta0725:20190825070343j:plain

正式名は法輪寺ですが通称「だるま寺」としてよく知られています。

円町の交差点から西大路通り を上がって、最初の信号を右折して少し進むと右手に見えてきますが、駐車場は門前を通り過ぎて20mくらい行った右手に10台ほどのスペースがあります。

f:id:ta0725:20190825070357j:plain

門を入ると左手にピンクの芙蓉の一群があり、本堂奥の庭には大きく形のよい百日紅が薄紅色の花 を咲かせています。

達磨大師をまつる法輪寺は、通称「だるま寺」と呼ばれるだけあって、だるまさんだらけです。

f:id:ta0725:20190825070411j:plain

f:id:ta0725:20190825070425j:plain

f:id:ta0725:20190825070440j:plain

表門に始まり、本堂から庭に至るまで、なんと約8000体以上ものだるまさんが!

そのだるまさんが、この時期は芙蓉に囲まれます。


見頃:例年8月下旬~9月中旬

f:id:ta0725:20190825070508j:plain

f:id:ta0725:20190825070521j:plain

「達磨(だるま)寺」とも呼ばれ親しまれています。

境内の達磨堂には、さまざまな達磨を祀っています。

門を入ってすぐの参道脇に芙蓉が植えられ、ピンクの花が出迎えてくれます。

f:id:ta0725:20190825070542j:plain

芙蓉は夕方には萎んでしまう一日花。

花を愛でるなら、午前中に訪れるのがお薦めです。

たくさんの繊細な花びらが次々と、朝に開いては夕暮れにはしぼんでいきます。

儚い夏の思い出と共に。

f:id:ta0725:20190825070553j:plain



■場 所: 法輪寺

■アクセス: JR山陰線「円町」駅

■お問合せ: 075-841-7878

詳しくは:http://shunji.chu.jp/otera/daruma1.htm

 

 

 

 

京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/