京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都 梅津六斎念仏 2019年8/25(日)

f:id:ta0725:20190824071932j:plain

梅宮大社は京都一古い梅の名所。


当神社に縁のある嵯峨天皇の例祭での奉納六斎として行われますが参道は、屋台と子供で超満員状態。

狭い上に屋台が林立、そこへ人が集中して、かなりな混雑です。

楼門付近では座り込んでる人、多し。

嵯峨天皇祭」「子供相撲大会」に続き「六斎奉納」。

f:id:ta0725:20190824072011j:plain

六斎の奉納は、境内にある舞殿で行なわれます。

19時開演予定ですが、5分前には早くも大太鼓による寄せ太鼓が打ち鳴らされ、挨拶に続いて『発願』が開始です。

笛や鉦、太鼓に合わせて、数々の演目が踊られます。


盆踊りもあり、にぎやか。

 

f:id:ta0725:20190824071956j:plain


梅宮大社

大山祗神(オオヤマズミノカミ)は皇祖天照大神アマテラスオオミカミ)の御孫、瓊ヶ杵尊(ニニギノミコト)の皇后にお立ちになった木花咲耶姫命コノハナサクヤヒメノミコト)の父神で、瓊ヶ杵尊の国土経営の大業を完成されますまでに、一方ならないお力添えをされた神であります。

すなわち農業山林鉱産の守護神であり、又航海の神として古くから信仰されておられますが、特に酒解神(サカトケノカミ)とたたえておられるほどに、酒造の守護神としての尊崇を受けられた神であります。

f:id:ta0725:20190824072135j:plain

f:id:ta0725:20190824072038j:plain

f:id:ta0725:20190824072049j:plain
木花咲耶姫命は瓊ヶ杵尊の皇后となられました、才色兼備の御方で、一夜で御懐妊の御子の疑いを晴らす為に無戸室(ムツムロ)の御産室に火を放ち燃えさかる中で彦火火出見尊を御安産になり、次々と御子を御安産になりました方で、子孫繁栄・授子安産の守護神として崇敬を受けておられます。

f:id:ta0725:20190824072117j:plain



安産・子授けのご利益

梅宮大社には、安産・子授け祈願に訪れる参拝客も絶えません。

ご祭神の1柱である木花咲耶姫命は、一夜にしてご懐妊されたといわれており、身の潔白をはらすために産屋に火をつけ、燃えさかる炎の中で無事に彦火々出見尊をご出産されたことから、授子の神(血脈相続の神)としておまつりされました。

嵯峨天皇の皇后である檀林皇后は子宝に恵まれず、梅宮大社に子授け祈願に訪れたところ、見事ご懐妊され、後の仁明天皇をご出産されて以来、天皇家からも篤く信仰されています。

もともと世代相続の男児に恵まれたいと参拝に訪れる人が多かったのですが、いつしか男女を問わず子授け・安産にご利益のある神社として広く知られるようになりました。

f:id:ta0725:20190824072210j:plain



3月の第一日曜日には、安産・授子を祈願する梅産(うめうめ)祭(9:30~16:30)が行われ、梅ジュースの無料接待などもあります。

 

f:id:ta0725:20190824072156j:plain

子宝の石 ”またげ石”

神域の奥、本殿の横に鎮座する神秘的な石で、またぐと子宝に恵まれるといわれています。

詳しい由来は残念ながら定かではありませんが、御祭神の一柱である檀林皇后がまたがれたところ、速やかに皇子(後の仁明天皇)を授かったと伝えられ、以来血脈相続の石として信仰されています。

なお、またげ石へは、当人のご夫婦ご一緒に子授けの祈祷を受けていただかないと、ご案内致しておりません。

 

f:id:ta0725:20190824072228j:plain

■場 所: 梅宮大社

■期 間: 2019年8/25(日)

■時 間: 19時頃~

■アクセス: 市バス28「梅ノ宮神社前」

■詳細ページ:http://www.umenomiya.or.jp/maturi.html

 

 

 


京都の古都なら:http://www.e-kyoto.net/