京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都 下鴨神社・夏越神事  2019年8/7(水) ※予定

f:id:ta0725:20190803064119j:plain

下鴨神社では伝統行事「夏越神事(なごしのしんじ)」が行われます。

夏越神事は別名「矢取神事」とも言われます。

矢に見立てた斎串(いぐし)を境内の御手洗池に(みたらしいけ)に50本円形に立てて、裸男(はだかおとこ)と呼ばれる上半身裸の屈強な男たちが、御手洗池の両岸に別れて並びます。

f:id:ta0725:20190803064144j:plain

合図の音とともに神官が人々の罪をうつした「人形(ひとがた)」をばらまき、それと同時に両岸から裸男が飛び出して池の中央の斎串(いぐし)を奪いあうのです。

激しい行事です。

その由来は、神話に語られている物語です。

玉依媛命タマヨリビメノミコト。

f:id:ta0725:20190803064203j:plain

下鴨神社で祀られている神)が瀬見の小川(下鴨神社境内を流れる川)から流れてきた矢(丹塗矢 にぬりや)を持ち帰ったところ、身ごもって賀茂別雷神(かもわけいかずちのかみ・上賀茂神社の祭神)を生んだと言います。

f:id:ta0725:20190803064218j:plain

又 神事に使う「人形(ひとがた)」人形紙を人の形に切り抜いた「人形」が置いてありました。

一年の前半の穢れをはらい、無病息災を願う意味があります。

この1枚1枚に名前と年齢を書き、身体を撫でて息を吹きかけてから、

 

 


■場 所: 下鴨神社

■期 間: 2019年8/7(水) ※予定

■時 間: 18時半~

■アクセス: 市バス205「下鴨神社前」

■お問合せ: 075-781-0010

■詳細ページ:http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

 

 

京都の古都なら:http://www.e-kyoto.net/