京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都 一言寺・金剛王院観音供12月18日

日頃は静寂に包まれた一言寺であるが、この日だけは朝から 人の出入りで騒々しい。 9時より 子供みこし練行。 11時より 千手観音護摩供 (こんごうおういんかんのんく) 20時より 紫灯護摩供火渡り修行(さいとうおおごまひわたりしゅぎょう) 本尊である千手…

京都ぶらり女の1人旅『忠臣蔵』ゆかりの地を訪ねて

主君・浅野内匠頭の無念を晴らすため、赤穂を出て、京都は山科に居を構えた大石内蔵助。 江戸へ出発するまでの1年余、討ち入りのの決意を胸に秘め、京都で秘策を練りつつ暮らした日々・・・。 赤穂義士ゆかりの品々や討ち入りのための密会をした寺、大願成…

京都 瑞光院、大石神社、岩屋寺・義士まつり(12月14日)

洛東の地、山科は、三方を美しい緑の山々に囲まれた小さな盆地で、その中央を流れる幾すじもの川には、野鳥や蛍が飛び交う自然豊かなまちです。 また、古くから奈良や滋賀につながる交通の要衝であるとともに、天智天皇陵や毘沙門堂、勧修寺、隨心院など、歴…

京都 法住寺・義士会法要 12月14日

法住寺は、京都市東山区にあります。 冬の法住寺で、義士会法要が行われる事で有名です。 なぜ、法住寺で義士会法要が行われるのでしょうか? それは、大石内蔵助にゆかりのあるお寺だからです。 元禄の時代に、法住寺へ参拝した大石内蔵助。 その時に、大願…

京都 祇園・事始め 12月13日

この日にお正月の準備を始めて、お世話になった方々のもとへ挨拶に行く風習で、祇園のものが有名です。 祇園甲部では毎年1月13日に芸舞妓らが踊りの師匠である井上八千代さん宅を訪れ、この一年間の感謝を込めて「おめでとうさんどす」と挨拶をする。 師匠か…

京都 六波羅蜜寺・かくれ念仏(空也踊躍念仏) 12/13~/31

六波羅蜜寺は、天暦5年(951)醍醐天皇第二皇子光勝空也上人により開創された西国第17番の札所である。 当時京都に流行した悪疫退散のため、上人自ら十一面観音像を刻み、御仏を車に安置して市中を曵き回り、青竹を八葉の蓮片の如く割り茶を立て、中へ小梅干…

京都 北野天満宮・大福梅の授与 12月13日

北野天満宮は、京都市上京区にある神社です。 学問の神様・菅原道真が祀られています。 北野天満宮と言えば、京都でも有名な梅の名所です。 その梅に関する行事が、12月に北野天満宮で行われます。 村上天皇の天暦5(951)年に疫病が流行し、かかってしまった…

京都 安井金比羅宮・しまい金比羅 12月10日

京都の中でも有名な観光スポットである祇園。 その祇園と呼ばれる地域には有名な寺社仏閣が多くあるのですが、安井金比羅宮はそのご利益故に多くの人が集まる神社。 京都にある安井金比羅宮は、縁切りで有名な神社です。 安井金比羅宮で一番人が集まっている…

京都 嵐山花灯路 竹林の小径 2019年12/13(金)~/22(日)

情緒豊かな光の世界 思わず歩きたくなる路 嵐山花灯路 小倉山や渡月橋、竹林に大沢池など、古より景勝地としての誉れ高い嵯峨・嵐山一帯を露地行灯の光といけばな作品の花で彩ります。 東山花灯路に続いて2005年に始まった嵐山花灯路は、普段はライトアップ…

京都 紅葉シリーズ モミジ(紅葉)

花は風媒花で花びらが目立たない小さな花です。 果実は二つの種子が密着した姿で、それぞれから翼の様な羽が伸びる翼果で、落ちる時は風に乗って回りながら落ちます。 『モミジ』は広く人々に親しまれて いる名前ではありますが、秋に葉が赤や黄に変色する現…

京都・嵐山花灯路 2019年12/13(金)~/22(日)

点灯17時~20時30分 灯りと花の路 約5km 嵯峨・嵐山地域の自然、水辺空間、竹林や歴史的文化遺産、景観などを生かし、日本情緒豊かな陰影のある露地行灯の「灯り」約2600基といけばな作品の「花」で演出します。 竹林の小径のライトアップ 野宮神社から大河…

京都 光の嵐山花灯路 2019年12/13(金)~/22(日)

京都嵐山花灯路 大河内山荘の夜間特別開館 小倉百人一首で知られる小倉山の南東にある名優・大河内傳次郎の別荘。 嵐山花灯路の公式H.Pでは「大人1,000円(お抹茶付き)」となっていますが、お抹茶無しだと半額で入れるようです。 小さなパンフレットは絵葉…

京都 嵐山花灯路 2019年12/13(金)~/22(日)

小倉山や渡月橋、竹林に大沢池など、古より景勝地としての誉れ高い嵯峨・嵐山一帯を露地行灯の光といけばな作品の花で彩ります。 東山花灯路に続いて2005年に始まった嵐山花灯路は、普段はライトアップされる事のない寺社の夜の表情を見られるのも魅力です。…

了徳寺・鳴滝の大根だき 12月9日・10日

鎌倉時代の建長4年(1252年)、浄土真宗の開祖である親鸞聖人が愛宕山中の月輪寺に師である法然上人の遺跡を訪ねた帰りに了徳寺を訪れ、村人たちに教えを説きました。 その教えに感銘を受けた村人たちがお礼に塩炊きの大根を馳走しました。 親鸞聖人はそのも…

京都紅葉100シリーズ 隠れ名刹紅葉厭離庵(えんりあん)NO.105

小倉山しくれの頃の朝な朝な 昨日はうすき四方の紅葉葉(藤原貞家) 嵯峨釈迦堂西門から愛宕道を少し歩いて住宅街の間の細い道を行くと厭離庵の表門が見える。 普段は拝観拒否の札が下がっているが、秋には「特別一般拝観」が実施されている。 「欣求浄土・…

京都 針供養(虚空蔵法輪寺)12月8日

今回は 紅葉を楽しみながらの散策、嵐山の渡月橋から西を見ると山の中腹に多宝塔が見えますが、十三参りで有名な虚空蔵法輪寺です。 針供養日程 12月8日 午前11時~午後1時 当山本尊である虚空蔵大菩薩は、技芸などの法輪寺針供養は、皇室で使用された針をご…

京都 紅葉100シリーズ 東福寺 (龍吟庵) NO.103

東福寺は東山月輪山の山麓にあり、臨済宗東福寺派の本山。 東福寺の主要伽藍の東北、本坊庫裏の背後から偃月橋(えんげつきょう)を渡った正面に位置する。 東福寺第三世住持、無関普門(大明国師)の住居跡で、東福寺塔頭の第一位に置かれている。 毎年11月…

京都 紅葉100シリーズ 紅葉カエデに映る池泉回遊式庭園 天授庵(南禅寺の塔頭)NO.102

臨済宗南禅寺派大本山・南禅寺の塔頭である。 暦応2年(1339年)に虎関師錬(こかんしれん)が南禅寺を開山した無関普門の塔所(墓所)として建立。 戦国時代には衰退したが,慶長7年(1602年)に武将だが歌人としても知られる細川幽斎により再興された。 細川幽斎に…

京都 千本釈迦堂・成道会法要と大根だき 12月7・8日

おかめコレクションがユニークな千本釈迦堂。 釈尊が悟りを開いたという日を記念して、大報恩寺の第三世慈禅上人(じぜんしょうにん)によって創められた「成道会」は、お釈迦さまの「さとりの日」を慶讃して毎年12月7日と8日に盛大、かつ荘厳に行われていま…

京都 三宝寺・日蓮宗の大根だき 令和元年12月1日

日蓮聖人の 命日が 新暦の12月初旬に 当たることから 毎年12月の 第1土、日、に行われていて日蓮宗の独特のご祈祷木剣(初日)で、1年間の罪や汚れを洗い清めてもらいます。 日蓮・日朗・日像各上人の法要や献茶式(2日目)など盛りだくさんです。 境内で炊かれ…

京都 紅葉今が見ごろ 青蓮院門跡

以前から一度訪れてみたかった青蓮院のライトアップ。 青い光に癒される「青蓮院門跡」と京都の街の夜景を一望できる「将軍塚」を廻る夜のお散歩コースです。 秋から冬にかけては12月下旬までの期間限定で、夜間特別公開を行っています。 皇室と縁のある格式…

京都 地主神社・しまい大国祭 2019年12/1(日)

縁結びの神様として人気のある地主神社。 この日は恋の縁結びだけではなく、清水寺の鎮守として大国主命を祀るために結縁祈願も行います。 宮司の祝詞奏上の後に、新年のしめ縄お祓い神事や、恋占いの石と恋の願掛け絵馬のお祓いなが行われます。 一年の無病…

京都紅葉100シリーズ  京都御所 NO.100

京都御所は、延暦13年(794年)に桓武天皇が都を平安京に遷した際に、今のJR二条駅の北側一帯に造営した大内裏(だいだいり)の中に造られた天皇の住まいである内裏が始まり。 遷都後は、幾度となく火災に遭い、そのたびに天皇は摂関家の邸宅などを里内裏(…

京都 厄除けをかねた京の師走の風物詩 大根焚き

厄除けをかねた京の師走の風物詩 昔からこの大根を食べると中風にかからないと言われています。 近年、ますます高齢化時代にあって、中風封じ・健康増進により幸せな日々を過ごす事を願う人が多いようです。 千本釈迦堂(大報恩寺) 寒さも病も湯気に消え 釈迦…

京都 紅葉100シリーズ寺社 天竜寺宝厳院 NO.99

大亀山 宝厳院(だいきざん ほうごんいん)は、臨済宗天龍寺派・大本山天龍寺の塔頭寺院です。 室町時代に細川頼之公の財をもって、天龍寺開山夢窓国師より三世の法孫にあたる聖仲永光禅師を開山に迎え創建されました。 ご本尊は十一面観音菩薩、脇物には三…

京都 北野天満宮・献茶祭 12月1日

秀吉が天正15年に開いた北野大茶湯(おおちゃのゆ)にちなんだ行事です。 現在11月26日に木幡(こはた)・宇治・菟道(とどう)・伏見桃山・小倉・八幡・京都・山城等の各茶師が春に製造した抹茶の原料・碾茶(てんちゃ)を茶壷に詰め奉納し、その口切式の神事を行っ…

京都・伏見の大仏さま 欣浄寺(ごんじょうじ)

深草少将と小野小町の百夜通い伝説の地 百夜通い伝説とは深草少将が思いを寄せる小野小町に百日通ってくれたらあなたの思いを受け入れますといわれ毎夜毎夜通ったものの、最後の一日を残して雪の夜に亡くなってしまったという悲恋のお話でかつてこの地に深草…

京都 御茶壺奉献祭  北野天満宮 11月26日

天正15年10月1日豊臣秀吉公が北野天満官御神前にて自ら点茶し奉献、千利休らをして北野松原にて催した「北野大茶湯」の縁により毎年12月1日に献茶祭が斎行されます。 そのお祭りに使われるお茶が毎年木幡(こはた)・宇治・菟道(とどう)・伏見桃山・小倉・…

京都 東福寺塔頭 勝林寺 秋の特別拝観 2019年 11月16日(土)~12月1日(日)

東福寺 勝林寺は、東福寺の鬼門に位置することから「東福寺の毘沙門天(びしゃもんてん)」と呼ばれる塔頭寺院で、1550年の創建。 毘沙門堂に安置されている毘沙門天立像は平安時代の作で、東福寺仏殿の天井内にひそかに安置されていた。 東福寺の仏殿に密かに…

京都 紅葉100シリーズ 大原 お寺・史跡散策 NO.98

阿波の内侍の墓 大きさ30センチ余りの五輪の塔三基と宝筐印塔一基が青苔に埋もれ昔のままの姿で並んでいる。 建礼門院に仕えた女房大納言佐局、佐部卿局、阿波内侍、右京大夫の墓といわれている。 建礼門院陵 大原西陵ともいい、寂光院の上にある。 東に面…