京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都 泉涌寺即成院 二十五菩薩お練供養 

f:id:ta0725:20201019095515j:plain


一千年の祈りを今に伝える即成院の阿弥陀如来二十五菩薩お練り供養大法会は、現世極楽浄土の絵巻物をほうふつとさせる京洛の秋の名行事として広く知られています。 

f:id:ta0725:20201019095527j:plain

f:id:ta0725:20201019095538j:plain



また御本尊阿弥陀如来と共に国の重要文化財に指定されます二十五菩薩坐像は、二十五菩薩が揃っての立体的仏像彫刻としてはわが国唯一の素晴らしい貴重な文化財でもあります。

f:id:ta0725:20201019095554j:plain


金色の菩薩面・菩薩装束をつけた稚児25名を含め総勢300名近くの人々が橋を極楽浄土と現世にみたてゆっくり練り歩く姿は、独特の華やかな風景で観光客に人気があります。

f:id:ta0725:20201019095609j:plain


菩薩が現世に来迎して衆生を安楽浄土へ導くという平安末期からの来迎思想を仮装と音楽で分かりやすく表現したもの。

場所は源信ゆかりの寺院。

 

f:id:ta0725:20201019095621j:plain

f:id:ta0725:20201019095634j:plain

f:id:ta0725:20201019095647j:plain



「本堂は浄土、地蔵堂は現世」と見立てて、50mの橋を渡り、浄土と現世を往復します。

約1時間、僧侶の来迎和讃にあわせておごそかに練ります。

つかの間の浄土世界、ご覧になってみては

 

f:id:ta0725:20201019095702j:plain

f:id:ta0725:20201019095717j:plain


阿弥陀如来と二十五の菩薩

寛治8年(1094)に造られたという来迎の阿弥陀如来と二十五の菩薩。

寺伝では、恵心僧都作と言われていますが、近年は平安時代の代表的仏師、定朝とその弟子による優品とされています。

f:id:ta0725:20201019095731j:plain

f:id:ta0725:20201019095741j:plain



阿弥陀如来の高さは5.5メートル。

居並ぶ二十五菩薩もそれぞれ像高が150センチあります。

見上げるほどに大きい阿弥陀座像と二十五の菩薩の姿は、極楽浄土の世界を立体的に描いたもので、国の重要文化財に指定されています。

 

f:id:ta0725:20201019095755j:plain

■場 所: 泉涌寺即成院

■期 間: ※新型コロナウイルス対応のため2020年度は中止。

詳細は公式サイトをご確認ください。

2019年10/20(日)

■時 間: 13時~

■料 金: 本堂:1000円 ※境内は無料

■アクセス: 市バス208「泉涌寺道

■お問合せ: 075-561-3443

■詳細ページ:http://www.gokurakujyoudo.org/

 

 

 

 

 


京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/

京都 下鴨神社・えと祈願祭

f:id:ta0725:20201019094030j:plain


毎年10月9日、世界遺産下鴨神社で崇敬会総会があり祀られている干支の神様の繁盛祈願祭がありました。

 

f:id:ta0725:20201019094044j:plain

f:id:ta0725:20201019094058j:plain


豊かな秋の稔りを感謝する年に一度のお祭りで「模擬店」「福くじ」「舞楽の奉納」などが楽しめます。

f:id:ta0725:20201019094114j:plain


本殿前にある「言社(ことしゃ)」は下鴨神社の繁昌大国神である「大国主命(おおくにぬしのみこと)」をお祀りしています。

f:id:ta0725:20201019094125j:plain


大国主命には名前が七つあるため、言社も七つあります。

それぞれが十二支の守り神、商売繁盛の神様として信仰を集めています。

繁昌大国秋祭はこの大国主命のお祭りです。

境内は一日中多くの参拝客で賑わいます。

f:id:ta0725:20201019094137j:plain

f:id:ta0725:20201019094148p:plain



商売繁盛の大黒さんとして親しまれる下鴨神社で、商売繁盛・五穀豊穣に感謝するお祭りが行われます。

舞楽や日本舞踊、琴の演奏などが奉納され、出店も多く、参詣者でにぎわいます。

他の神事では見ることができない黄色の提灯が舞殿に飾られていました。

f:id:ta0725:20201019094206j:plain


午後1時から本殿中門にて神事が執り行われます。

終了後には一般参拝者がそれぞれの守護神(干支)の神前に玉串拝礼を行います。

御神酒もふるまわれました。

 

f:id:ta0725:20201019094219j:plain



■場 所: 下鴨神社

■期 間: 2020年10/20(火)

■アクセス: 市バス205「下鴨神社前」

または京阪「出町柳」駅より徒歩12分

■お問合せ: 075-781-0010

■詳細ページ:https://www.shimogamo-jinja.or.jp/

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

 


京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/

京都 建仁寺禅居庵・大祭 10月20日

f:id:ta0725:20201019092404j:plain


禅居庵(摩利支尊天堂)は、京都市東山区にあります。

建仁寺塔頭寺院で、ご利益は開運勝利。

祗園の京都ゑびす神社の東側に建つ「禅居庵」。

f:id:ta0725:20201019092424j:plain

f:id:ta0725:20201019092439j:plain



ここは、禅寺・建仁寺塔頭(たっちゅう)寺院の一つで、元弘3年(1333年)に建仁寺第23世の大鑑清拙正澄禅師(だいかんせいせつしょうちょうぜんし/1274~1339年)によって建立されました。

この日は秘仏を開帳し、護摩供養も行われます。

f:id:ta0725:20201019092454j:plain


堂内を菊花で荘厳し、ご開山が将来された秘仏摩利支天の年に一度のご開帳日です。

厨子の扉が開かれ五色大鏡餅が供えられた真前において、大般若経全六百巻が建仁寺山内の僧衆によって転読され、住職により燈明講々員並びにご参詣信者の家運隆昌・万難潜消・所願成就が祈願されます。

ぜひ堂内にお入り頂き共にご参詣ください。

 

f:id:ta0725:20201019092510j:plain

f:id:ta0725:20201019092520j:plain


「摩利支天」 は、猪を眷属(けんぞく)として従えているそうです。

境内には、猪の像がたくさんあります。

f:id:ta0725:20201019092540j:plain

f:id:ta0725:20201019092552j:plain



可愛い小さな猪がいっぱいです。

実はこれ、おみくじの入れ物なんです。

売店におみくじとして売られていました♪。

 

f:id:ta0725:20201019092606j:plain


■場 所: 建仁寺禅居庵

■期 間: 10/20(※毎年同じ日程です)

■時 間: 11時~

■アクセス: 市バス206「東山安井」

      または京阪「祇園四条」駅より徒歩約7分

■お問合せ: 075-561-5556

■詳細ページ:http://zenkyoan.jp/

 

 

京都 紅葉100シリーズ  隠れた紅葉スポット 紅葉の参道 鹿王院 

f:id:ta0725:20201019091935j:plain


今日は嵐電沿線にある「鹿王院(ろくおういん)」へ行ってきました。

山門から中門までの参道の紅葉がとてもきれいでした。

f:id:ta0725:20201019091953j:plain


12月を過ぎてなお彩をますと言っていいほどの美しさです。

真っ赤なもみじのトンネルから黄色やオレンジのトンネルへと続きます。

f:id:ta0725:20201019092009j:plain


鹿王院の名の由来は、廟を建てようとして横の藪を切り開いたところ、藪の中から白鹿が出てきたために名付けたといわれています。

山門には義満筆の「覚雄山」の扁額がかかっています。

さぁ、山門をくぐって受付へ・・・

 

f:id:ta0725:20201019092021j:plain

鹿王院(ろくおういん) 

山号:覚雄山 臨済宗系の単立寺院

総門は切妻造、本瓦葺き。

創建時に近い南北朝時の建立と推定される。

f:id:ta0725:20201019092038j:plain

f:id:ta0725:20201019092048j:plain



「覚雄山」の扁額は義満の自筆。

鹿王院は、三代将軍足利義満が延命を願いこの地に一宇を建てたのが始まり。

康暦2年・天授6年(1380)、義満24歳のときであった。

f:id:ta0725:20201019092059j:plain


開山は夢窓疎石の後継者といわれる普明国師(ふみょうこくし)。

当初は、興聖寺(こうしょうじ)と称していたが、至徳元年(1384)に宝幢禅寺(ほうとうぜんじ)と改めている。

後、開山堂を建てたとき、後方の山に野鹿がよく現れることから鹿王院と号している。

その後、応仁の乱などで衰退してしまい、残った開山堂(鹿王院)を再興して寺号にした。

f:id:ta0725:20201019092112j:plain

f:id:ta0725:20201019092122j:plain



なお2年後の永徳2年(1382)、義満は「室町殿」の東隣に自らの仏道修行の場として相国寺の創建を発願。

10年後の明徳3年(1392)に落慶している。

鹿王院へ行くには、京福電鉄嵐山線鹿王院」が便利。

駅から南へ徒歩約5分、また、車折神社から西400m程の場所、落ち着いた町並みの一角にある。

f:id:ta0725:20201019092134j:plain


創建当時の姿を残す山門を潜ると中門までの参道両側はカエデなどの樹木が覆い、足元は青苔が続く。

f:id:ta0725:20201019092145j:plain


この山門には義満自ら筆を振るった「覚雄山」の扁額が掲げられている。

また参道は、紅葉の頃に訪れると色づいた美しいカエデを見る事ができ、隠れた紅葉スポットとなっている見逃せない1っに加えられる。

f:id:ta0725:20201019092156j:plain


 

例年の色づき始め

11月中旬

例年の見頃

11月下旬~12月上旬

紅葉する木の種類

カエデ

おすすめスポット

客殿から見る庭

f:id:ta0725:20201019092212j:plain


 


アクセス

市バス・京都バスで「下嵯峨」下車。

京福電鉄鹿王院」下車、南へ100m/西へ50m。

拝観:10:00~16:00 大人300円

住所:〒616-8367京都市右京区嵯峨北堀町24 
 
電話:075-861-1645

関連サイトはこちら:http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000276

 

 

 


京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/

京都 建勲神社 船岡大祭  

f:id:ta0725:20201019051648j:plain


建勲神社は、京都市北区にあります。

織田信長主祭神として祀っている神社です。

信長入洛を記念する大祭です。

f:id:ta0725:20201019051721j:plain


敦盛の仕舞・舞楽の奉納や信長の甲冑など宝物の特別公開があります。

織田信長・信忠父子を祀る当神社は、明治2年の創建。

信長公の甲胄は近年修復されたものです。

f:id:ta0725:20201019051710j:plain


毎年、仕舞『敦盛』や舞楽が奉納されるほか、年によって宝物の展示や、火縄銃三段打の奉納等もあります。

雨天決行。

f:id:ta0725:20201019051737j:plain



建勲神社は、明治2年(1869)、明治天皇の御下命により創建された織田信長公をお祀りする神社です。

明治8年(1875)に別格官幣社に列せられ、京都の船岡山に社地を賜りました。

明治13年(1880)、新たに社殿を造営し、御嫡子織田信忠卿を配祀し、明治43年(1910)に山麓から山頂へ社殿を移建し現在に至っています。

f:id:ta0725:20201019051755j:plain


船岡山は玄武の小山として平安京造営の際に北の基点になったとされる小高い丘で、緑豊かな建勲神社の境内からは比叡山大文字山(如意ヶ嶽)など東山三十六峰の眺望も楽しめます。

f:id:ta0725:20201019051810j:plain


正式には「たけいさおじんじゃ」といいますが、一般には「けんくんじんじゃ」「けんくんさん」として親しまれています。

f:id:ta0725:20201019051821j:plain



■場 所: 建勲神社

■期 間: 10/19(※毎年同じ日程です)

11時より毎年恒例の船岡大祭が斎行されます。

今年は大変残念ではありますが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けまして、神職及び総代ほか最小限の関係者のみにて粛々と斎行することとなりました。

■時 間: 11時~

■アクセス: 市バス206「建勲神社前」

■お問合せ: 075-451-0170

■詳細ページ:http://kenkun-jinja.org/

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

 

京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/

京都 紅葉100シリーズ 一休寺(酬恩庵)

f:id:ta0725:20201018060518j:plain


とんちで有名な一休禅師が再建し、晩年に隠棲した臨済宗大徳寺派の禅寺。

もとは、正応年間(1288年~92年)に大応国師が建てた妙勝寺で、荒廃していたものを、康正2年(1456年)に一休禅師が御堂を建て、宗祖の恩に報いるという意味を込めて酬恩庵と名づけた。

f:id:ta0725:20201018060531j:plain


一休は風雅な檜葺きの虎丘庵に住んだという。

本堂は室町時代の建築、方丈、庫裏、東司などは江戸時代のもので、一休和尚像とともに国の重文。

f:id:ta0725:20201018060553j:plain


方丈庭園は苔むした自然石が美しい。

京都の生まれで後小松天皇落胤という。

幼名は、後世史料によると千菊丸。

長じて周建の名で呼ばれ、狂雲子、瞎驢(かつろ)、夢閨(むけい)などと号した。

戒名は宗純で、宗順とも書く。

f:id:ta0725:20201018060638j:plain


一休は道号である。(戒名と道号については「戒名」の項目を参照のこと。)

6歳で京都の安国寺の像外集鑑に入門·受戒し、周建と名付けられる。

f:id:ta0725:20201018060656j:plain

 

f:id:ta0725:20201018060712j:plain



早くから詩才に優れ、13歳の時に作った漢詩長門春草」、15歳の時に作った漢詩「春衣宿花」は洛中の評判となり賞賛された。

応永17年(1410年)、17歳で謙翁宗為(けんおうそうい)の弟子となり、戒名を宗純と改める。謙翁は応永21年(1414年)に没した。

f:id:ta0725:20201018060729j:plain


この時、一休は師の遷化によるものかは断定できないが、自殺未遂を起こしている。

応永22年(1415年)に京都の大徳寺の高僧、華叟宗曇(かそう そうどん)の弟子となる。

f:id:ta0725:20201018060811j:plain


『洞山三頓の棒』という公案に対し、「有ろじより 無ろじへ帰る 一休み 雨ふらば降れ 風ふかば吹け」と答えたことから、華叟より一休の道号を授かる。

なお「有ろじ(有漏路)」とは迷い(煩悩)の世界、「無ろじ(無漏路)」とは悟り(仏)の世界を指す。

応永27年(1420年)のある夜、カラスの鳴き声を聞いて、俄かに大悟する。

華叟は印可状を与えようとするが、一休は辞退した。華叟はばか者と笑いながら送り出したという。

以後は詩·狂歌·書画と風狂の生活を送った。

f:id:ta0725:20201018060832j:plain


正長元年(1428年)、称光天皇が男子を残さず崩御し、伏見宮家より後花園天皇が迎えられて即位した。

f:id:ta0725:20201018060848j:plain


後花園天皇の即位には一休の推挙があったという。

応仁の乱後の文明6年(1474年)、後土御門天皇の勅命により大徳寺の住持(第47代)に任ぜられ、寺には住まなかったが、再興に尽力した。

塔頭の真珠庵は一休を開祖として創建された。

天皇に親しく接せられ、民衆にも慕われたという。

f:id:ta0725:20201018060905j:plain


1481年、88歳で酬恩庵に没した。

臨終に際し、「死にとうない」と述べたと伝わる。

酬恩庵は通称「一休寺」と言い、京都府京田辺市の薪地区にある。

康正2年1456年に荒廃していた妙勝寺を一休が再興したものである。

墓は酬恩庵にあり、「慈揚塔」と呼ばれるが、宮内庁が御廟所として管理している陵墓であるため、一般の立ち入り・参拝は不可能である。

f:id:ta0725:20201018060922j:plain



一休宗純が遺した言葉

門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし (狂雲集)

f:id:ta0725:20201018061000j:plain


釈迦といふ いたづらものが世にいでて おほくの人をまよはすかな秋風一夜百千年 ( 秋風のなかあなたと共にいる。それは百年にも千年の歳月にも値するものだ。 )

花は桜木、人は武士、柱は桧、魚は鯛、小袖 はもみじ、花はみよしの

女をば 法の御蔵と 云うぞ実に 釈迦も達磨も ひょいひょいと生む

f:id:ta0725:20201018060948j:plain


なお、アントニオ猪木らによって、『一休の言葉』として流布されていた「この道を行けばどうなるものか・・・」に始まる言葉は実際には一休の言葉ではなく、文言に多少の相違はあるものの、もとは清沢哲夫の「道」という詩であったと見られる。

 

f:id:ta0725:20201018060935j:plain

 

アクセス

京阪宇治交通バス「一休寺道」下車徒歩5分

拝観時間 9:00~17:00(受付16:30まで)

宝物館~16:30

拝観料 500円

住所  京都府京田辺市薪里ノ内102

電話番号 0774-62-0193

詳しくは:http://www.ikkyuji.org/

 

 

 

 

京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/

 

京都 恵美須神社 二十日ゑびす 

f:id:ta0725:20201018052943j:plain


恵美須神社京都ゑびす神社)は、京都市東山区にあります。

えべっさんはお正月だけではありません。

f:id:ta0725:20201018053255j:plain


恵美須神社の祭事と言えば、十日ゑびすが人気があります。

初詣と同じくらい、境内が賑わう祭事です。

f:id:ta0725:20201018053307j:plain


一方、二十日ゑびす大祭はどうでしょうか?

知名度は、十日ゑびす大祭より低いです。

しかし、盛り上りは負けてはいません。

f:id:ta0725:20201018053320j:plain


二十日ゑびすの日には、多くの人が恵美須神社へ訪れます。

五穀豊穣を祈願して「えびす囃子」を奉納します。

商売繁盛の笹や、銭袋、お札、お守りなどが授与されます。

 

f:id:ta0725:20201018053033j:plain

「優しくトントンと叩いてください」

…エビス様、ご高齢(長寿)のため耳が遠くなっているそうで、こっちでノックしてお願いをちゃんと聞いていただくのが参拝作法だそうです

 

f:id:ta0725:20201018053053j:plain

■場 所: 恵美須神社

■期 間: 10月19日・20日(※毎年同じ日程です)

■時 間: 生間流包丁式:10/20 14時半~

■アクセス: 市バス17・205「河原町松原」

      または京阪「祇園四条」駅より徒歩6分

■お問合せ: 075-525-0005

■詳細ページ:http://www.kyoto-ebisu.jp/

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

 


京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/