京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都 祇園祭・神幸祭・(7月10日~)還幸祭7/24

f:id:ta0725:20200712054202j:plain


祇園祭山鉾巡行だけと思っていませんか? 

祇園祭は八坂神社のお祭です。

f:id:ta0725:20200712054214j:plain

f:id:ta0725:20200712054225j:plain

f:id:ta0725:20200712054238j:plain


山鉾巡行が行われる17日の夕方、八坂神社から三基の大神輿が氏子に担がれ市中を練り歩きます。

八坂神社の御祭神 スサノヲノミコト(素戔嗚尊)・クシイナダヒメノミコト(櫛稲田姫命)・ヤハシラノミコガミ(八柱御子神)の各々が三基の神輿で氏子区 域をまわられるのです。

大神輿は一基3トンもあり、約300人が交代で担ぎます。

 

f:id:ta0725:20200712054257j:plain

神幸祭(17日)

17日夕方、中御座、西御座、東御座の三基の神輿が八坂神社西門前に集まり、出発 の儀を行った後、それぞれ別のルートで四条寺町の御旅所を目指します。

御旅所に神輿が納められ、1週間留まります。

f:id:ta0725:20200712054313j:plain


その間、八坂神社には神様がご不在ということになりますね。

24日の夕方に御旅所から八坂神社にお戻りになられる還幸祭が行われます。

往路とは違った道をとりながらまた市中を練り歩き、夜12時近くに八坂神社本殿にお戻りになられます。


■場 所: 八坂神社~御旅所(四条寺町)間

■期 間: 神幸祭:7/17

還幸祭:7/24 (※毎年同じ日程)

新型コロナウイルス対応のため2020年度は前祭と後祭共に中止。

詳細は公式サイトをご確認ください。

神幸祭:7/17

還幸祭:7/24

(※毎年同じ日程)

■時 間: 神幸祭:16時~

神輿御渡出発式:18時頃~

還幸祭:17時頃~

■アクセス: 市バス206「祇園

■お問合せ: 075-561-6155

 

 

f:id:ta0725:20200712054326j:plain



*お神輿スケジュール*

祇園祭 神幸祭還幸祭はそれぞれの神輿会、氏子地域の人々によってまもられてきた神事です。


【7月 10日】

神輿洗 18時の「奉告祭」終了後、神輿三基を舞殿に据えます。その内一基(中御座)を担 ぎ、列の前後を松明で照らし、鴨川四条大橋の上まで行き、神輿を清める儀式を行ないます。

午後8時30分頃八坂神社に戻り、17日の神輿渡御にそなえ三基 の神輿を飾り付けます。また28日の神輿洗では神社に戻ったあと、神輿庫に収められます。

【7月10日】

お迎提灯 「神輿洗」の神輿を迎えるため、万灯会有志が、それぞれの提灯を立て行列を整え 巡行します。

八坂神社清々館(16:30)−石段下−四条通西−河原町通北−市役所前(17:30−18:30 舞踊奉納)−寺町通南−御旅所−四条通東−円山公園−石段下にて神輿洗の神輿を迎える−東大路南−神幸道東−八坂神社(20:30)−能舞台にて舞踊奉納

巡行ルートはこちら(八坂神社H.P)


【7月17日】

神幸祭 八坂神社正門より三基の神輿が出発し、18時過ぎに八坂神社西門石段下に集合。

三基で一斉に行う差し上げは 圧巻です。

その後、それぞれの巡行ルートをとおり、四条寺町御旅所に向かいます。



【7月17日】

宮本講社神宝奉持列

豊園御真榊行列 神輿巡行と合わせて宮本講社神宝奉持列、豊園御真榊行列が巡行します。

 

【7月17日〜24日】

無言参り 年に一度、八坂神社から鴨川を渡り、四条寺町の御旅所に神様が行かれるのにあわせて、祇園の花街の芸妓さ ん・舞妓さんも同じく鴨川渡り、無言で7日7晩、御旅所に詣でると願いがかなうと伝えられています。


【7月24日】

還幸祭 御旅所から神様が八坂神社にお戻りになられる巡行です。

三基の神輿が17時頃から順に御旅所を出発し、17日の神幸祭とは違ったコースを取りながら、八坂神社に戻ります。

 


【7月28日】

神輿洗 10日の神輿洗と同じく神事が無事終了した神輿を清める儀式を行います。

その後、神輿庫に収められます。

 

 


詳しくは:http://www.e-kyoto.net/

 

 

 

京都 祇園祭・山鉾巡行(前祭巡行)  7月17日

f:id:ta0725:20200711060028j:plain

f:id:ta0725:20200711060039j:plainf:id:ta0725:20200711060039j:plainf:id:ta0725:20200711060039j:plain

f:id:ta0725:20200711060121j:plain



いよいよクライマックス。

f:id:ta0725:20200711060132j:plain

f:id:ta0725:20200711060144j:plain



33基中23基の山鉾が厳かに動き始めます。

山鉾のうち29基が重要有形民俗文化財となっており、まさに動く芸術です。

f:id:ta0725:20200711060155j:plain


■場 所:巡行経路(従来通り):四条烏丸四条河原町~市役所~烏丸御池~新町御池

■期 間:前祭 山鉾巡行:7/17、後祭 山鉾巡行:7/24

■時 間:9時~

■詳細ページ:http://www.e-kyoto.net/saiji/154

新型コロナウイルス対応のため2020年度は前祭と後祭共に中止。

詳細は公式サイトをご確認ください。

前祭 山鉾巡行:7/17、後祭 山鉾巡行:7/24

 


京都の古都なら:http://www.e-kyoto.net/

京都 祇園祭・石見神楽の奉納  7月16日

f:id:ta0725:20200710052813j:plain


山陰地方の石見神楽は、国の無形文化財に指定されており、八坂神社の主祭神素戔嗚尊(スサノオノミコト)が八俣大蛇(ヤマタノオロチ)を退治し悪霊を秡ったという神話を、笛・太鼓・鉦の囃で演じます。

f:id:ta0725:20200710052827j:plain



「神楽」

天照大御神(あまてらすおおみかみ)が天の岩戸(あまのいわと)にお隠れになった際、天宇受女命(あめのうづめのみこと)が岩戸の前で舞ったのが起源とされています。

f:id:ta0725:20200710052839j:plain

f:id:ta0725:20200710052850j:plain

f:id:ta0725:20200710052900j:plain


この踊りは神々を大いに楽しませたことから、「神楽」と呼ばれるようになったと伝えられているそうです。

正式名称は『神楽』というそうですが、芸能の総称として使われる「神楽」と区別するため、『鈴神楽』とも呼ばれているそうです。

 

f:id:ta0725:20200710052910j:plain

■場 所:八坂神社

■期 間:7/16(※毎年同じ日程です)

■時 間:18時半~

■アクセス:市バス206「祇園」市バス206「祇園」または

      京阪「祇園四条」駅より徒歩約5分

■お問合せ:075-561-6155

■詳細ページ:http://www.yasaka-jinja.or.jp/

新型コロナウイルス対応のため2020年度は中止。

詳細は公式サイトをご確認ください。

7/16(※毎年同じ日程です)

 


京都の古都なら:http://www.e-kyoto.net/

京都 祇園祭 大船鉾150年ぶり2014年復興 

f:id:ta0725:20200709053916j:plain


祇園祭・後祭(あとまつり)の山鉾(やまほこ)巡行で最後尾を飾る大船鉾(おおふねほこ)が150年ぶりに2014年に復興し、お披露目された。

f:id:ta0725:20200709053930j:plain

f:id:ta0725:20200709053941j:plain

f:id:ta0725:20200709053952j:plain




大船鉾は幕末の「蛤(はまぐり)御門の変」で焼失。

巡行に参加しない「休鉾」となっていたが、四条町大船鉾保存会が約6000万円をかけて再建。

24日に後祭巡行10基で市内を巡る。

 

f:id:ta0725:20200709054004j:plain


神功皇后の説話により、船の形をしている。

船首には想像上の鳥である鷁(げき)、船尾には飛龍紋の舵をつける。

f:id:ta0725:20200709054035j:plain

f:id:ta0725:20200709054052j:plain

 

f:id:ta0725:20200709054107j:plain



神功皇后と磯良・住吉・鹿島の三神を祀る。

御神体神功皇后には安産の御利益があるとされる。

現在の船鉾は、宝暦年間に計画され、天保年間に完成。

f:id:ta0725:20200709054019j:plain



財団法人祇園祭船鉾保存会が主体となって運営している。

現在巡行を行なっている全32の山鉾のうち、唯一の船の形であるが、2014年頃をめどに大船鉾が復活することになっており、その際は船形の鉾が2基となる。

重量・8.41トン、高さ・6.7メートル、車輪・直径約2メートル。

f:id:ta0725:20200709054125j:plain



詳しくは:http://www.ofunehoko.jp/

祇園祭・前祭(さきまつり) 宵山 7/14~/16

f:id:ta0725:20200708050007j:plain


日本三大祭の一つ、京都八坂神社の夏のお祭り、祇園祭

平成21年にはユネスコ無形文化遺産にも登録されました。

f:id:ta0725:20200708050024j:plain

f:id:ta0725:20200708050033j:plain

 

f:id:ta0725:20200708050105j:plain



前祭の宵山は14日が宵々々山、15日が宵々山、16日が宵山と呼ばれています。

歩行者天国になるのは15日と16日のみです。

時間は18時から23時の予定になっています。

f:id:ta0725:20200708050054j:plain


前祭の時には屋台(夜店)がたくさんでます。

宵山の楽しみ方は人それぞれですが、オススメしたいのはこの時期にしかできない山鉾や会所の見学&拝観。

f:id:ta0725:20200708050125j:plain

f:id:ta0725:20200708050138j:plain



豪華な懸想品やご神体を間近で見ることができる貴重な機会です。

そしてもう1つかかせないのが各山鉾のご朱印めぐりです、 こちらも宵山でしかできないお楽しみです。

f:id:ta0725:20200708050150j:plain


ご朱印をいただくのは、人混みが少ない午前中がスムーズ。

朱印料が必要な山鉾もあるので、予め小銭を用意して巡りましょう。

歩行者天国は15日・16日のみ実施(14日は行われません)。

 

f:id:ta0725:20200708050202j:plain

■場 所: 各町内(中京区一帯)

■期 間: 7/14~/16(※毎年同じ日程です。)

歩行者天国15・16日18~23時(予定):四条通の八坂神社~堀川間(※内容は変更の場合があります。)

新型コロナウイルス対応のため2020年度は中止。

詳細は公式サイトをご確認ください。

7/14~/16(※毎年同じ日程です。)

歩行者天国15・16日18~23時(予定):四条通の八坂神社~堀川間(※内容は変更の場合があります。)

 

 

 

京都の古都なら:http://www.e-kyoto.net/

京都 祇園祭・屏風祭 7月14日

f:id:ta0725:20200707093416j:plain


7月の1ヶ月掛けて行われるお祭りには、期間中、色々な催しが開催されます。

山鉾巡行」は動く美術館とも言われ、この「屏風祭」は静の美術館とも言われています。

f:id:ta0725:20200707093429j:plain

f:id:ta0725:20200707093500j:plain



f:id:ta0725:20200707093447j:plain


各山鉾町では「屏風祭」をしつらえるお家も少なくなりましたが、続けられているお家は表の格子を外して秘蔵している屏風や美術品、調度品などを飾り、祭り見物に来た人々にも、通りから鑑賞してもらえるようにしています。

f:id:ta0725:20200707093520j:plain

f:id:ta0725:20200707093530j:plain

祇園祭宵山の期間中は18時から四条通烏丸通歩行者天国となる。

町会所ではご神体や懸装品を公開する会所飾りが行われる。

鉾からは盛んにお囃子も聞こえてきて、お祭気分を盛り上げる。

f:id:ta0725:20200707093549j:plain

f:id:ta0725:20200707093603j:plain

f:id:ta0725:20200707093616j:plain

 

f:id:ta0725:20200707093651j:plain


各山鉾町の町屋では格子をはずし、通りから見えるようにして家宝の屏風、道具を飾ります。

f:id:ta0725:20200707093712j:plain

f:id:ta0725:20200707093726j:plain



期間中は、新町、室町、油小路、六角通りを浴衣で散策なさって見てはいかがでしょう。

出店もいっぱいでまっすぐ歩けないほどの賑わいです。

f:id:ta0725:20200707093739g:plain


■場 所: 山鉾町有志の町家(中京区一帯)

■期 間: 7/14~/16(※毎年同じ日程)

新型コロナウイルス対応のため2020年度は夕方以降の山鉾行事は中止。

詳細は公式サイトをご確認ください。

前祭:7/14 ~/16

後祭:7/21~/23

(※毎年同じ日程です)

■時 間: 11時頃~

■詳細ページ:http://www.e-kyoto.net/saiji/162

 

 

京都 法金剛院・観蓮会 7月中旬から8月上旬

f:id:ta0725:20200707091834j:plain


関西花の寺第13番霊場で、 通称「蓮の寺」

通称「蓮(はす)の寺」と呼ばれています。

午前中だけ咲く蓮を早朝から楽しんで頂く「観蓮会」。

f:id:ta0725:20200707091850j:plain


「関西花の寺25ヶ所」とは、昔から「ボタン寺」や「アジサイ寺」などと呼ばれ親しまれて来た関西2府4県にわたる25ヶ寺が、互いに宗派の垣根を越えて集まったもの。

京都市内ではここ法金剛院のみが「極楽浄土を具現した蓮の寺」として選ばれています。

f:id:ta0725:20200707091902j:plain


法金剛院は、平安時代の初めに右大臣清原夏野(きよはらなつの)が、山荘を寺に改めたことに始まります。

その後、大治5年(1130)に鳥羽天皇中宮待賢門院(たいけんもんいん)が極楽浄土を求めて壮麗な伽藍を建立し、「法金剛院」と名付けました。

f:id:ta0725:20200707091946j:plain


池泉回遊式の広大な庭園は、日本最古の人工滝といわれる「青女の滝(せいじょのたき)」と共に特別名勝に指定され、7月上旬から8月初旬にかけて約90品種といわれる大輪の蓮の花が次々と咲き揃います。

f:id:ta0725:20200707091915j:plain


もっとも、上の写真でもお分かりのとおり、この時期は池の全面が生育した蓮の葉でいっぱいに覆われ、花に近づくのも難しいほど。

アップ写真を撮るのはなかなか大変ですが、鉢植えの蓮も結構多くありますので、これらは近くから写真をとることができます。

このお寺は蓮の花が有名ですが、庭にはとても大きな枝垂桜もあり、その他ウメ・ショウブ・アジサイなども多く植えられていて、一年を通して境内から美しい花がなくなることはありません。

f:id:ta0725:20200707092001j:plain


金輪蓮

f:id:ta0725:20200707092012j:plain


酔妃蓮

f:id:ta0725:20200707092026j:plain


青華蓮

f:id:ta0725:20200707092038j:plain


蜀紅蓮

法金剛院・観蓮会青、黄、赤、白色の蓮の花が咲いているという極楽浄土を再現するために、インド・中国・ベトナムアメリカ等世界中から長い間かけて4色の蓮の花が集められました。

f:id:ta0725:20200707092051j:plain


名勝指定の回遊式庭園には、大賀ハス即非蓮(そくひれん)、王子蓮等80品種90鉢の蓮が、早朝より見学できます。


平安時代の初め、右大臣清原夏野の山荘を没後寺とした。

1130年(大治5)待賢門院の御願により当院を建立。

円覚上人によって再興。

丈六の本尊阿弥陀如来坐像(重文)は定朝様、平安時代後期の代表的な仏像である。

f:id:ta0725:20200707092133j:plain


庭園(特別名勝)は平安末期の池泉回遊式浄土庭園である。

法金剛院 「庭園」の北端に「青女の滝」 国の特別名勝

僧林賢と靜意の作。


待賢門院歌碑。

ながからむ心もしらず黒髪の みだれて今朝は物をこそ思へ


その他重文仏像多数あり。

 

f:id:ta0725:20200707092118j:plain

f:id:ta0725:20200707092159j:plain


■場 所: 法金剛院

■見頃:7月中旬から8月上旬

■時 間: 早朝7時開門 7:00~15:30(観蓮会の期間のみ)

■料 金: 500円

■アクセス: JR嵯峨野線「花園」駅

■お問合せ: 075-461-9428

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。


京都 蓮寺ご紹介 

f:id:ta0725:20200707092218j:plain



三室戸寺 (みむろとじ)

住所:宇治市菟道滋賀谷21

アクセス:京阪 三室戸駅下車、徒歩15分

お問合せ:0774-21-2067

時間:8時30分〜16時30分

料金:大人500円

http://www.mimurotoji.com/

 

f:id:ta0725:20200707092229j:plain


天龍寺(てんりゅうじ)

住所:右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

アクセス:京福電鉄嵐山線「嵐山」駅

お問合せ:881-1235

時間:8時30分〜17時30分

http://www.tenryuji.com/

 

f:id:ta0725:20200707092248j:plain


東寺(教王護国寺)(とうじ)(きょうおうごごくじ)

住所:南区九条町1

アクセス:近鉄「東寺」

お問合せ:691-3325

時間:5時〜17時30分

http://www.toji.or.jp/

f:id:ta0725:20200707092303j:plain



大覚寺(だいかくじ)

住所:右京区嵯峨大沢町4

アクセス:市バス28系統・京都バス71・74・81系統

お問合せ:075-871-0071

時間:午前9時~午後5時

http://www.daikakuji.or.jp/

 

f:id:ta0725:20200707092329j:plain


東本願寺

住所:下京区烏丸通七条上る

アクセス:JR「京都駅」

お問合せ:371-9181

時間:5時〜17時30分(3~10月)

http://www.higashihonganji.or.jp/

 

f:id:ta0725:20200707092341j:plain


勧修寺(かじゅうじ)

住所:京都市山科区勧修寺仁王堂町

アクセス:地下鉄東西線小野駅

お問合せ:075-571-0048

時間:9:00~16:00

料金:400円

 

f:id:ta0725:20200707092355j:plain


萬福寺

住所:宇治市五ヶ庄三番割34

アクセス:JR奈良線黄檗」・京阪宇治線黄檗」徒歩5分

時間:9:00~17:00

お問合せ:0774-32-3900

料金:500円

http://www.obakusan.or.jp/

 

 

 

京都の古都なら:http://www.e-kyoto.net/