京都ぶらり女の一人旅

京都四季折々・お祭り

京都紅葉100シリーズ 隠れ名刹紅葉厭離庵(えんりあん)

f:id:ta0725:20201022102042j:plain


小倉山しくれの頃の朝な朝な

    昨日はうすき四方の紅葉葉(藤原貞家)

 

f:id:ta0725:20201022102055j:plain

嵯峨釈迦堂西門から愛宕道を少し歩いて住宅街の間の細い道を行くと厭離庵の表門が見える。

普段は拝観拒否の札が下がっているが、秋には「特別一般拝観」が実施されている。

欣求浄土・厭離穢土」 (ごんぐじょうど・えんりえど)けがれたこの世を厭(イト)い離れ、浄土を喜び求める、小倉山の麓にある厭離庵は、正にそのような所です。

f:id:ta0725:20201022102120j:plain


清涼寺から祇王寺への道、よほど注意せねば見落としてしまう石碑を見て竹垣の路地を入って行くと小さな山門に辿りつきます。

ここは中納言藤原定家の山荘の跡、荒廃していましたが、縁のある冷泉家が修復し、霊元法皇より「厭離庵」の寺号を賜り、安永(1772年)臨済宗の寺院となり、明治43年、山岡鉄舟の娘、素心尼が住職に就き、それ以後尼寺となりました。

f:id:ta0725:20201022102132g:plain


藤原定家はここの時雨亭で小倉百人一首を編纂し、80歳の天寿を全うしました。定家を偲ぶ五輪の塔「定家塚」が名園の一隅にあります。

当庵は非公開ですが、紅葉の時季だけ公開され、苔むす庭と紅葉の絶妙の調和を観ることができます。

f:id:ta0725:20201022102143j:plain


また庭には万両、千両が赤い実をつけ、百両、十両もあるそうですから、寺の方に聞いてみてください。

厭離庵は、定家の山荘跡であったが長らく荒廃していたという。

安永年間(1772~81)に冷泉家が再興、霊元法皇から厭離庵の寺号を賜り臨済宗天龍寺派の寺院となった。

f:id:ta0725:20201022102154j:plain


現在の本堂、茶室の時雨亭は明治になって、貴族院議員であった白木屋社長(大村彦太郎)によって建立されたもの。

時雨亭の傍に、定家が筆を洗う水を汲んでいた「柳の井」と呼ばれている井戸がある。

小倉山山麓には定家の「時雨亭」跡とされる所が他に常寂光寺と二尊院にもあり、ここを合わせると3ヶ所。

何処が本物かはミステリーのままでよいと私は思う。


近くの宝筐院とともに紅葉のゴールデンコースです。

f:id:ta0725:20201022102208j:plain



■アクセス

JR嵯峨嵐山駅より徒歩15分

市バス、京都バス大覚寺行 嵯峨釈迦堂前より徒歩5分

■拝観料

500円 見頃11月20日前後  非公開(紅葉時季公開)

■拝観時間 9:00~16:00

おすすめ 紅葉時季のみ公開(※事前確認要)

■住所

京都市右京区嵯峨二尊院善光寺山町2

電話番号 075-861-2508

 

 

      

京都 紅葉100シリーズ 寂びの滝口寺 NO.67

f:id:ta0725:20201022095853j:plain


今日はかなわぬ恋愛物語の滝口寺へ。

竹柵の急な坂道をものの5分も登ると滝口寺。

f:id:ta0725:20201022095905j:plain

f:id:ta0725:20201022095913j:plain



細い坂道を登ると一寸した広さの庭と庭に面して本堂だ。

縁側に座って紅葉を眺めた時、感動が胸を打つ、しかし心が和らぐ・・・。

 

f:id:ta0725:20201022095926j:plain

侘び、寂びの滝口寺 横笛の悲恋物語  


旧寺名:三宝寺(往生院(現在の祗王寺)の子院)


「山深み 思い入りぬる柴の戸の まことの道に我を導け」

 

f:id:ta0725:20201022095937j:plain

f:id:ta0725:20201022095948j:plain

 

f:id:ta0725:20201022100004j:plain

f:id:ta0725:20201022100013j:plain





平家物語ゆかりの寺である。

平家物語」の「維盛高野の巻」で語られている滝口入道と横笛のかなわぬ恋愛物語。

滝口入道は、宮中警護を務める滝口(清涼殿の東北の詰所)の武士だった斉藤時頼(さいとうときより)内大臣 平重盛(たいらのしげもり)に仕えていた。

f:id:ta0725:20201022100026j:plain


横笛は、建礼門院に仕えた女性

滝口入道は、権力者 平清盛平重盛の父)が西八条殿で催した花見の宴で、建礼門院平重盛の妹)に仕えていた横笛の舞を見て一目惚れする。

滝口入道が書いた恋文が、横笛のもとに届けられ、二人は愛の契りを結ぶが、厳しい父親に雑仕女との交際を厳しく戒められ、主君 平重盛の信頼に背いた己を自責し、三宝寺で出家して仏道修行を行っていた。

f:id:ta0725:20201022100038j:plain


噂で滝口入道が出家したと知った横笛は、自分の心を打ち明けようと、あちらこちらの寺院を探し回り、着物はほころび、みすぼらしい姿にまでなっていた。

f:id:ta0725:20201022100051j:plain


嵯峨野の地で、滝口入道の念誦(ねんしょう)の声を聞いた横笛は、表門を叩くが、追い帰され、滝口入道に会うことができなかった。

横笛は泣く泣く都へ戻るが、真の自分の気持ちを伝えようと、指を斬り、近くの石に「山深み 思い入りぬる柴の戸の まことの道に我を導け」と血で書き残したという、横笛に居場所を知られた滝口入道は、修行の妨げとなると、女人禁制の高野山静浄院へ移る、それを知った横笛は、大堰川に身投げしたとか、奈良の法華寺へ出家したともいわれる。

f:id:ta0725:20201022100107j:plain


横笛の死を聞いた滝口入道は、ますます仏道修行に励み、その後、高野聖(こうやひじり)となったといわれる。

 

f:id:ta0725:20201022100120j:plain



●アクセス:  市バス・京都バス「嵯峨釈迦堂前」下車徒歩約20分(京都駅前からバスで約45分)


●アクセス: JR京都駅から嵯峨野線にて「嵯峨嵐山」下車(約15分)、徒歩約40分

●アクセス: 京福電車「嵐山」」から徒歩約35分

●住所:京都市右京区嵯峨亀山町10-4

電話:075-871-3929

●拝観時間:9:00~17:00

●拝観料:300円

 

 

 

京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/

 

 

 

 

京都 伏見稲荷大社・抜穂祭 10月25日

f:id:ta0725:20201022052330j:plain


伏見稲荷大社は、全国約3万社ある稲荷神社の総本山。

f:id:ta0725:20201022052345j:plain


朱塗りの鳥居が連なる「千本鳥居」や、稲荷大神の降臨地である稲荷山を巡る「お山巡り」などが人気で、多くの参拝者が訪れています。

f:id:ta0725:20201022052401j:plain

f:id:ta0725:20201022052559j:plain

 

f:id:ta0725:20201022052414j:plain

f:id:ta0725:20201022052425j:plain




4月の水口播種祭、6月の田植祭田に実った稲穂を刈り取り収穫する祭です。

本殿祭が行われた後は抜穂の儀です。

f:id:ta0725:20201022052439p:plain

f:id:ta0725:20201022052459j:plain



雅楽に合わせて、鮮やかな緋袴姿の神楽女が鎌と稲穂を手に古式ゆかしく「抜穂舞」を舞います。

f:id:ta0725:20201022052515p:plain


その中を、手甲脚絆・管笠姿の管笠女が、神田の稲を刈り取ります。

美しく、そしてのどかな祭。

f:id:ta0725:20201022052527j:plain


刈り取られた稲は11月23日の新嘗祭に大神にお供えされ、稲藁は火焚祭にて焚き上げられます。

雨天決行。

 

■場 所: 伏見稲荷大社

■期 間: 10/25(毎年同じ日程です)

■時 間: 11時~

■アクセス: JR奈良線「稲荷」駅、京阪電車伏見稲荷」駅

■お問合せ: 075-641-7331

■詳細ページ:http://inari.jp/

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

 


京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/

京都 紅葉100シリーズ 隠れ紅葉の赤山禅院 NO.66

f:id:ta0725:20201021094224j:plain


紅葉もピークを迎えそろそろ終盤にさしかかった季節に・・・。

f:id:ta0725:20201021094236j:plain

f:id:ta0725:20201021094254j:plain



今回はバスで行き修学院離宮道下車して、約25分ほど歩きますと赤山禅院に着きます門をくぐると、境内へと参道が続きます。

比叡山の西麓(にしふもと)にある赤山禅院

f:id:ta0725:20201021094309j:plain


「赤山さん」の愛称で親しまれる赤山禅院は、京都の北東の表鬼門に位置し、その拝殿の屋根上にはなんと「猿」が鎮座しています。

でもこの猿網の中に 檻の中 ? 。

この猿には、深い意味があります。

この猿は比叡山を護っている日吉神社滋賀県)の神猿といわれ、この場所が都の北東にあたり、表鬼門に位置するため、守護として鎮座しています。

 

f:id:ta0725:20201021094323j:plain



赤山禅院

赤山禅院(せきざんぜんいん)は、平安時代の仁和4年(888年)に、第三世天台座主 円仁の遺命によって創建された、天台宗総本山 延暦寺塔頭のひとつです。

f:id:ta0725:20201021094336j:plain

f:id:ta0725:20201021094347j:plain

f:id:ta0725:20201021094359j:plain




慈覚大師 円仁(794年~864年)は、838年、遣唐使船で唐に渡り、苦労の末に天台教学を納めました。

その行程を守護した赤山大明神に感謝し、赤山禅院を建立することを誓ったとされます。

f:id:ta0725:20201021094411j:plain


日本に戻った円仁は天台密教の基礎を築きましたが、赤山禅院の建立は果たせませんでした。

f:id:ta0725:20201021094427j:plain

 

f:id:ta0725:20201021094440j:plain


その遺命により、第四世天台座主 安慧(あんね)が赤山禅院を創建したと伝えられています。

本尊の赤山大明神は、唐の赤山にあった泰山府君を勧請したものです。

泰山府君は、中国五岳(五名山)の中でも筆頭とされる東岳・泰山(とうがく・たいざん)の神であり、日本では、陰陽道の祖神(おやがみ)になりました。

f:id:ta0725:20201021094454j:plain


赤山禅院は、平安京の東北にあり、表鬼門に当たることから、赤山大明神は、皇城の表鬼門の鎮守としてまつられました。

以来、皇室から信仰され、修学院離宮の造営で知られる後水尾天皇(1596~1680)が離宮行幸された際、社殿の修築と「赤山大明神」の勅額を賜っています。

f:id:ta0725:20201021094507j:plain

f:id:ta0725:20201021094518j:plain



現在も方除けのお寺として、広く信仰を集めている由縁です。

赤山禅院は、古来、「紅葉寺」とも呼ばれてきました。

毎年、境内が紅葉に染まる11月になると、もみじ祭が開かれます。

f:id:ta0725:20201021094533j:plain


もみじ祭の期間中(通常は11月1日から30日まで)には、静かな中にも、お茶所などがにぎわいをそえます。

 

f:id:ta0725:20201021094548j:plain



●開門:6時  閉門:18時

●拝観時間  9時~16時半
都七福神の御宝印受付は、9時~16時半)

●料金:無料(自由拝観)


●交通


地下鉄烏丸線 松ヶ崎駅下車、タクシー7分

叡山電車 修学院駅下車 徒歩20分またはタクシー5分


市バス

5、31、65系統 修学院離宮道 下車

北8系統 修学院道 下車 徒歩15分

ぜんそく封じ へちま加持」の日には、臨時ピストン送迎車が運行されます


●駐車場

ありません。

公共交通機関をご利用ください。


●お問い合わせ先

075-701-5181(赤山禅院

詳しくは: http://www.sekizanzenin.com/

 

 

 

 

 

京都の古都なら: http://www.e-kyoto.net/

 

 

 

 

京都 鞍馬・石座の 火祭( 10月22日)

f:id:ta0725:20201021093010j:plain


鞍馬の火祭: 22日(※毎年同じ日程です)18時~ 雨天決行

石座(いわくら)の火祭:(10月23日に近い土曜日)

f:id:ta0725:20201021093032j:plain



鞍馬の火祭(由岐神社)


●天狗のお里が火の海に

f:id:ta0725:20201021093050j:plain



勇壮でダイナミック。

一度見たら来年も絶対!!と思わせる火祭りです。

鞍馬は、京の都と丹波とを結ぶ街道筋で、家々でたかれるかがり火と無数の松明(たいまつ)の炎で里中が燃えます。

 

f:id:ta0725:20201021093104j:plain

■由岐神社: 京都市左京区鞍馬本町

■日時:※新型コロナウイルス対応のため2020年度は鞍馬の火祭並びに神輿渡御を中止。

本殿例祭のみ。

詳細は公式サイトをご確認ください。

10/22(※毎年同じ日程です)

10/22 雨天決行 18時~24時半

■アクセス:出町柳より叡山電鉄鞍馬線鞍馬駅

f:id:ta0725:20201021093117j:plain

 

f:id:ta0725:20201021093132j:plain



■お問合せ:075-741-1670(鞍馬の火祭テレフォンサービス 9/1~10月末)


動画:https://www.youtube.com/user/ekyotomovie/videos

f:id:ta0725:20201021093147j:plain

 

f:id:ta0725:20201021093202j:plain

 

f:id:ta0725:20201021093257j:plain



◆進行スケジュール


18時 篝火(かがりび)に点火。    幼児・少年・青年松明と次々に点火。

20時 お練りが山門に直行。

21時 300本もの大松明が山門に集合。

21時20分 注連伐りの儀式を行うと由岐神社へ駆け登り

2基の神輿は町内を巡りお旅所に向かいこれを7回半回って安置。

24時終了。

f:id:ta0725:20201021093215j:plain

f:id:ta0725:20201021093225j:plain





◆アドバイス


問題は交通機関で、車で行くのはまず無理です。

また叡山電鉄が通じていますが、行きも帰りもかなりの混雑の覚悟が必要です。

神事も見たいなら午前中に現地入りをお勧めします。

また、見とれていると終電に乗り遅れますからご注意ください。


☆終電は鞍馬駅を22日24時22分発(臨時運行)

☆車は22日15時~通行止め。

 

f:id:ta0725:20201021093240j:plain



◆アドバイス


山間部なので夜はかなり冷え込みます。

暖かい上着をお忘れなく。

f:id:ta0725:20201021093325j:plain




◆石座(いわくら)の火祭(石座神社)


石座神社は実相院と言う門跡寺院の一角にあります。

なんとここの松明は、明け方の2時半ごろからボツボツ始まります。

朝神事は雨天決行、昼神事は雨天中止です。

石座神社:京都市左京区岩倉上蔵町302

f:id:ta0725:20201021093339j:plain



■日時:10/24(10月23日に近い土曜日 ) 午前3時~6時半

f:id:ta0725:20201021093356j:plain


■アクセス:叡山電鉄岩倉駅」北1km 岩倉実相院北側

(※早朝のため、電車がありません。タクシーの利用をおすすめします)

お問合せ:075-791-3576

◆進行スケジュール

2時~ 朝神事が行われる。

3時~ 大松明に点火される。

5時半 大人神輿が担がれ、出発。

7時 大人神輿が御旅所に到着。

14時半 昼神事。御旅所を出発する。

16時半 神事が行われる。

f:id:ta0725:20201021093411j:plain




◆大蛇が火祭に!?

むかし、石座に雄と雌の大蛇が住んでいて住民に大きな危害を加えていました。

神前の灯火で退治せよとのお告げの通り、松明に神火を点すともう2度と大蛇は現れなかったそうです。

お社の左右に雄、雌の松明がありその背に一直線に縄の結び目があります。

結び目の数は12、閏年(うるうどし)には13個になります。

宮座に横たわる松明は大蛇に見立てたもので、全長12メートルという大きな松明で頭のほうは、大人が4人抱えぐらいの太さです。

f:id:ta0725:20201021093444j:plain




◆身も心もほっか、ほっか。

神前できり出された火が小松明に移され、そして大松明に・・・ちょうど辺りは、明け方3時ごろ。

火があかあかと燃え上がり、今まで震えていたのがウソのように頬も火照って、昼間のように明るく活気が帯びてきます。

石座神社では神社と氏子たちが楽しむ祭で見せる為ではないというところが、素朴でひなびた心のそこから温まるお祭です。



◆アドバイス

あたりは真っ暗ですから懐中電灯は必需品です。

鞍馬と同じく暖かい上着はあった方が良いでしょう。

 



■主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

 

 

■臨時交通規制:http://www.pref.kyoto.jp/fukei/kotu/kisei_k/rinji_kisei/index.html

 

f:id:ta0725:20201021093427g:plain

 

 

 


京都の古都ならhttp://www.e-kyoto.net/

京都 紅葉100シリーズ 「血天井」の正伝寺

f:id:ta0725:20201020091923j:plain


正伝寺(しょうでんじ)

臨済宗南禅寺派の諸山の格式を持つ寺である。

f:id:ta0725:20201020091940j:plain


山号は吉祥山。

寺号は詳しくは正伝護国禅寺という。

本尊は釈迦如来

f:id:ta0725:20201020091951j:plain

 

f:id:ta0725:20201020092008j:plain


文永5年(1268年)、東巌慧安(とうがんえあん)が師の兀庵普寧(ごったんふねい)を開山として烏丸今出川に創建したのがこの寺の始まりとされる。

兀庵は中国(南宋)からの渡来僧で、文永2年(1265年)に帰国しているが、東巖は師の兀庵を開山に勧請したものである。

f:id:ta0725:20201020092125j:plain


寺は比叡山延暦寺の衆徒によって破却され、東巖は鎌倉の聖海寺(現存せず)に移り、同地で建治3年(1277年)に没した。

f:id:ta0725:20201020092155j:plain


寺が再興されたのは弘安5年(1282年)のことである。

同年、賀茂社の社家・森経久の援助により寺は西賀茂の現在地に移り寺運は興隆した。

室町時代には天皇家、将軍家の帰依を受けたが、応仁の乱(1467年 - 1477年)の兵火により衰退した。

f:id:ta0725:20201020092030j:plain


豊臣秀吉徳川家康の援助を受け復興され、江戸時代には塔頭5寺を有していた。

本堂前の枯山水の庭園は小堀遠州作と伝えられている。

f:id:ta0725:20201020092105j:plain


白壁越しに比叡山を望む借景式庭園であり、岩を用いず、白砂とサツキの刈込みのみで構成されている。

f:id:ta0725:20201020092047j:plain


「獅子の児渡しの庭」と呼ばれる。

f:id:ta0725:20201020092209j:plain

 

f:id:ta0725:20201020092223g:plain



■アクセス

京都駅

市バス9系統堀川通西賀茂車庫前行きで35分、神光院前下車、徒歩15分

■通年 無休

■拝観時間

9:00~16:40(閉門17:00)

■駐車場あり(無料)

■拝観料

高校生以上400円、中学生300円、小学生200円

京都府京都市北区西賀茂北鎮守庵町72

■TEL 075-491-3259

 

 

 

 


京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/

 

京都「時代祭の後は鞍馬で火祭!はしご案内」10月22日

f:id:ta0725:20201020052749j:plain


どちらも同じ日にあるので、時代祭行列を見た後に、鞍馬の火祭に向かわれる方も多くおられます。

そんなアナタにアドバイス

 

●移動時間に注意!


行列を見たら、早めに移動するべし!

行き帰りで道が込み合います。

渋滞に巻き込まれないためには出来るだけ早く出町柳駅に到着しましょう。

f:id:ta0725:20201020052821j:plain



時代祭の見学スポットからのおすすめアクセス>

京都御苑堺町御門(丸太町通り沿い)付近→京阪電車「丸太町」駅→「出町柳」駅→乗換→叡山電鉄「鞍馬」駅

三条通り→京阪電車「三条」駅→「出町柳」駅→乗換→叡山電鉄「鞍馬」駅

 

●もちろん、混みます!


切符売り場は混雑します!

券売機に並ばずに改札を通るには、京都市バスや市営地下鉄、京阪電車叡山電車等で使用できる「スルっとKANSAI」カードを前もって用意しておくのがオススメ。

これで行き&帰りも切符買いの行列をスルーです。

当日は臨時列車増便があるものの乗車までに1時間はかかることも。

安全のため、出町柳駅で乗車制限、規制される可能性もあります。

電車はひたすら混みます!

火祭りは18時から始まりますが、15時頃から電車は混み合ってきます(車は15時から周辺で通行止め)。

鞍馬への鉄道は叡山電車しか無く、1~2両編成のワンマンカーに多くの人が乗り込んでいきます。

乗車時間は出町柳駅鞍馬駅間で約30分。

f:id:ta0725:20201020052839j:plain




●最終電車が心配な帰り道(終電:24時22分鞍馬駅発→24時51分頃着予定)


早めに出るのが無難!

祭は24時過ぎに終わります。

鞍馬駅前はすさまじい長蛇の列。

1~2時間待ちの可能性は十分にあります。

22時頃に祭を後にしても、約30分以上待つことも。

出町柳からの交通機関の時間帯に注意!

出町柳駅まで戻った後の交通機関は、

京阪電車(通常)の最終電車0:19発の淀屋橋行き(普通)

(京都駅へは、「七条」駅下車、徒歩約15~20分、)

(京都駅まで電車で移動するなら、24時前には「出町柳」駅を出発→「東福寺」駅でJR奈良線に乗り換え→「京都」駅着)


☆タクシー。

出町柳駅にたくさん停まっています。

 

f:id:ta0725:20201020052902j:plain



●より快適に火祭りを楽しむために


観覧場所はあらかじめ決めておいて、早めに行くのがベスト!

祭のために道路はかなり狭まっており、移動は困難です。

観覧場所を確保したら、動かない!

もちろんトイレは済ませてから!

仮設トイレはありますが、神事が始まると、歩行者の通行規制のために身動きできません。

水分は控えましょう。

少し離れた駅周辺にトイレは集中していますが、鞍馬寺山門付近は、混雑防止?に殆ど設置されていません。

防寒具の用意を・・・鞍馬は山中で特に夜は冷え込みます。

火の粉が服に着く事もあるので注意が必要です。

 

f:id:ta0725:20201020052915j:plain



●裏ワザ!


タクシーで貴船口まで行き、そこから鞍馬まで徒歩で約15分。

帰りはその逆。

(あらかじめ貴船口まで迎えに来るタクシーを手配しておきましょう)。

f:id:ta0725:20201020052930g:plain


 

■場 所: 由岐神社

■期 間: ※新型コロナウイルス対応のため2020年度は鞍馬の火祭並びに神輿渡御を中止。

        本殿例祭のみ。詳細は公式サイトをご確認ください。

        10/22(※毎年同じ日程です)


■時 間: 例祭:9時~午前0時頃終了

        点火:18時~

■アクセス: 京阪電車出町柳」駅より 叡山電鉄鞍馬線「鞍馬」駅

■お問合せ: 075-741-4511(鞍馬の火祭テレフォンサービス ※9/1~10/31)

■詳細ページ: 鞍馬火祭り特集 http://www.e-kyoto.net/saiji2/779

        鞍馬周辺情報  http://www.e-kyoto.net/kyocourse/13

        動画      https://www.youtube.com/user/ekyotomovie/videos?reload=9

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

 

 

京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/